多摩区版 掲載号:2021年2月19日号 エリアトップへ

【Web限定記事】多摩区予算案 区制50周年へ機運高め 総額約12億6千万、2年連続増

政治

掲載号:2021年2月19日号

  • LINE
  • hatena
感染症対策に注力したイベントの一つ、区観光協会主催「ピクニックラリー」=昨年10月
感染症対策に注力したイベントの一つ、区観光協会主催「ピクニックラリー」=昨年10月

 川崎市は今月発表した2021年度の当初予算案で、多摩区の予算額に前年比約10%増の約12億5616万円を計上。区唯一の新規事業として、22年度に迎える区制50周年に向け、記念事業費100万円を盛り込んだ。区企画課は「地域と行政が一体でお祝いする機運を高めていきたい」と思いを込める。

ロゴマーク作成、公募を検討

 多摩区予算案では前年同様、【1】地域資源【2】災害対策【3】子育て【4】地域福祉・健康【5】市民自治・地域人材――をキーワードに、5つの主要項目を設定。項目【1】「地域資源を活用した賑わいと魅力あるまちづくりの推進」(2287万4千円)に含まれる「区制50周年記念事業費」では、記念ロゴマークの作成を掲げている。区企画課は「40周年のときは区内3大学(専修・明治・日本女子)のインターンシップ生の協力を得てロゴを作成した。今回は一般公募で検討したい」との考えを示し、21年度中に完成させる方針だ。

 50周年に向けた取り組みとして、同課では登戸土地区画整理事業などで変わりゆく多摩区内の古い写真を収集する予定。「区ウェブサイトなどで公開できれば」としている。

恒例イベント、新様式で企画

 同項目「地域資源」の中では「たま音楽祭」や「多摩区スポーツフェスタ」、区役所1階で行う「アトリウムコンサート」など恒例イベントの開催を計画。区独自の取り組み「ピクニックタウン多摩区」にも引き続き力を入れ、区の魅力発信やイメージアップ、スポーツ活動の推進を図る。区企画課は「命の安全を最優先にする」と感染症対策への注力を強調。「『ウィズコロナ』の中で、新しいイベントのあり方として今後もオンライン活用を推進していく」との意向を示す。

「地域包括ケア」広報に注力

 項目【4】「すこやかに安心して暮らせる地域福祉・健康のまちづくりの推進」(373万円)では、「多摩区地域包括ケアシステム推進事業費」に前年比約4%増の271万7千円を計上。川崎市が重点テーマとして力を入れる同システムについて、住民や地域団体と課題を共有し、福祉情報や活動に関する広報を充実させるとしている。

 その他の項目では、道路の維持補修として前年比約12%増の5億2652万円、水路の整備に前年の約2・2倍にのぼる1億3462万円を計上している。

多摩区版のトップニュース最新6

連携や担い手、糸口探る

【Web限定記事】多摩区町会連合会

連携や担い手、糸口探る 社会

研修会 区外2団体の事例共有

2月19日号

区制50周年へ機運高め

【Web限定記事】多摩区予算案

区制50周年へ機運高め 政治

総額約12億6千万、2年連続増

2月19日号

コロナ対策に217億円

川崎市予算案

コロナ対策に217億円 政治

追加予算見据え、経営支援

2月12日号

画面越え 思い交わす

たま音楽祭

画面越え 思い交わす 文化

配信、可能性広げた2日間

2月12日号

接種 運用へ課題山積

コロナワクチン

接種 運用へ課題山積 社会

市、厚労省と初訓練で検証

2月5日号

PR大使に川崎純情小町

長沢商店会

PR大使に川崎純情小町 経済

魅力発信 店舗で動画撮影

2月5日号

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク