多摩区版 掲載号:2021年2月26日号 エリアトップへ

【Web限定記事】 市民館、集団接種会場に 市コロナワクチン 職場や学校でも

社会

掲載号:2021年2月26日号

  • LINE
  • hatena
市民団体の会合でも使われる多摩市民館大会議室
市民団体の会合でも使われる多摩市民館大会議室

 川崎市は2月16日、新型コロナウイルスワクチン接種についての運営方針を示した。

 一般市民の接種は4月1日からを想定し、多摩市民館など各区1カ所程度を会場に集団接種を進めていく考え。土日のいずれかを含めた週5日、1日8時間実施し、7会場で1日あたり2000人以上の接種を想定する。職場や学校などでの集団接種も調整していくとしている。

 これに伴い、多摩市民館は3月22日から来年3月31日まで、一部施設の貸館を停止。対象は3階の大会議室と視聴覚室、体育室。接種の申込状況により延長や短縮の可能性もある。

「個別」「巡回」も

 医療機関などで行う「個別接種」は、市内600カ所以上の医療機関の協力を求める。体制が拡充し充足した際は、集団接種会場を縮小・廃止。「巡回接種」は、高齢者が入所・居住する社会福祉施設などで従事者を優先し実施する。

 接種券は、まず高齢者に対し3月下旬以降に配送を始め、国の定める優先順位に合わせて進めていくという。

対象は132万人

 関東労災病院(中原区)で2月17日、医療従事者にワクチンの先行接種が行われた。6人が接種し、48時間経過時点で熱や倦怠感などの副反応は見られなかったという。同病院担当者は「接種部分を押したり動かしたりした際に筋肉痛のような痛みはあるが、筋肉注射のため筋繊維を少々傷つけたためだろう」と感想を話す。

 接種順位は、「医療従事者」「高齢者(1957年4月1日以前生まれ)」「基礎疾患を有する人・高齢者施設などの従事者」「それ以外」となっており、市内の接種対象となる16歳以上は132万人にのぼる。ワクチンは一定の間隔をあけて2回の接種が必要となる。福田紀彦市長は「あらゆる資源を最大限にうまく結びつけなければ決して成功しない」とコメントしている。

多摩区版のローカルニュース最新6

最優秀賞は「月昇る」

市観光写真コンクール

最優秀賞は「月昇る」 文化

一般の部・区民2人に優秀賞

4月16日号

「黄金さかな博」 目玉に

「黄金さかな博」 目玉に 文化

たまずん カワスイで20日から

4月16日号

性暴力根絶、訴え

川崎駅前

性暴力根絶、訴え 社会

フラワーデモに50人

4月16日号

長尾小 通学路安全に

長尾小 通学路安全に 社会

市教委 道路標識の協会へ感謝状

4月16日号

市民葬儀見直しへ

市民葬儀見直しへ 社会

意見22日まで

4月16日号

ペット同伴利用を試行

ペット同伴利用を試行 社会

緑化センター

4月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月16日0:00更新

  • 4月9日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter