多摩区版 掲載号:2021年3月12日号 エリアトップへ

多摩交通安全協会の副会長で、交通栄誉章「緑十字金章」を今年度受章した 関 範雄さん 長沢在住 78歳

掲載号:2021年3月12日号

  • LINE
  • hatena

ふれあう縁、耕し育て

 ○…功績が顕著な全国の交通安全功労者に贈られる「緑十字金章」。コロナ下で授章式はなかったが、多摩警察署署長室で2月、妻・洋子さんと共に表彰状を手にした。多摩交通安全協会の活動に携わって50年余り、副会長を務め13年。平成の約30年は、交通指導員としての役割も全うした。「いろんな活動をしてきたことがなつかしい」と、改めて思い返す。

 ○…消防団員をやっていたつながりで、20代から交通安全活動にも自然と参加。交通指導員では、南生田小の通学路となっている長沢団地の交差点が決まった持ち場だった。毎月1日と15日、交通安全運動では約10日間、バスの停留所が近い現場で児童の安全を見守った。「30年もやっていると、手を挙げて横断歩道を渡っていた子どもたちが大きくなり、勤めるようになって。頼もしく思う」としみじみ。長沢諏訪社の盆踊りや祭礼など、地域行事でも交通整理に勤しんだ。

 ○…地元農家で、5人きょうだいの長男として生まれ育った。生田小・中を出ると、両親の期待に応えるように家業へ。洋子さんとは、市園芸技術普及農場(現・緑化センター)で出会い、23歳で結婚。3人の子に恵まれ、夫婦二人三脚で歩んできた。長男も農業に身を置いていたが、消防団で藍綬褒章を受章した矢先、54歳で昨年他界。いま、孫や親戚の手伝いを支えに、次代を思う。

 ○…周りから「お話好き」と言われるとおり、にこやかな表情で話に花が咲く。即売所でお客さんと交流するのも楽しみの一つ。「昔と違って、今は年中収穫期だからね」と目尻を下げる。協会としては後任不足の課題もあるが、「長沢、地元はしっかりとまとまっているから」と、また笑顔。つながりを大事に、手を取り合う。

多摩区版の人物風土記最新6

古川 由美子さん

東京五輪の聖火リレーで民間枠のランナーとして6月に大磯町を走る

古川 由美子さん

県立多摩高校出身 56歳

5月7日号

高橋 英司さん

小田急線の登戸―百合ヶ丘間(5駅)を管轄する登戸駅長に、今月就任した

高橋 英司さん

登戸在勤 51歳

4月30日号

伊藤 直人さん

多摩区ソーシャルデザインセンター(SDC)で今春から学生代表を務める

伊藤 直人さん

麻生区在住 20歳

4月23日号

信澤 公昭(たかあき)さん

第41代の多摩警察署長に先月就任した

信澤 公昭(たかあき)さん

多摩区在住 58歳

4月16日号

藤井 智弘さん

23代目の多摩区長に、4月1日付で就任した

藤井 智弘さん

川崎区在住 57歳

4月9日号

こばやし このみさん(本名:小林 空雅)

「性同一性障害」と「発達障害」を抱えながらラジオドラマの声優に臨んだ

こばやし このみさん(本名:小林 空雅)

菅在住 26歳

4月2日号

【川崎市】新型コロナウイルス

ワクチン接種などの情報を随時更新中 接種券の発送日等が変更になりました。

https://www.city.kawasaki.jp/kurashi/category/22-5-15-5-0-0-0-0-0-0.html

<PR>

あっとほーむデスク

  • 5月7日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter