多摩区版 掲載号:2021年3月19日号 エリアトップへ

第24回岡本太郎現代芸術賞で「岡本敏子賞」を受賞した モリソン 小林さん(本名:小林江樹) 高津区在住 51歳

掲載号:2021年3月19日号

  • LINE
  • hatena

「枠」超え、自然と生きる

 ○…太さの異なる500本近い棒状の鋼材や鉄の薄板を使い、5メートル四方の展示空間いっぱいに広がる植物を制作。シダやアサガオたちが、額縁で表現した「枠」を飛び出して大地に根を伸ばす。額縁一つに植物を納めた前回作品を、2度目で超えるというストーリーで挑んだ今回。憧れの芸術家の名を冠した公募展で、夢を叶えた。

 ○…生まれは東京。後に考古学者として大学教授になる兄に影響を受けて育った。哲学書を勧められ、偶然手にした岡本太郎の本に熱中。「作品や写真だけじゃなく、言葉がすごい」。インテリアデザイナーを志し美大で学び、内装会社を経て、家具や雑貨を手がける「イデー」に転職。海外のデザイナーに囲まれ、制作に携わった。本店の隣は太郎のアトリエ(現岡本太郎記念館)。入社したての20代半ば、岡本太郎美術館に現在展示される椅子の制作に関わり、敏子さんと同じ空間に居合わせたことも。「太郎さんと同じ雰囲気。熱いものを感じた」

 ○…5年ほど同社に勤務し独立。「太郎さんの美術館の近くがいい」と2001年、高津区久地にアトリエを開設した。店舗やギャラリーのデザイン、設計施工を請け負う傍ら、06年ごろから芸術家として創作活動を開始。木彫りに始まり、自然との共生や循環社会をテーマに金属を使った植物制作に没頭。「生き抜くためには、いろんなことができて引き出しが多い方がいい」。変化への対応力をのぞかせる。

 ○…高山植物の保護団体に所属し、ごみ拾いにも従事。北アルプスや尾瀬、丹沢など野山に足を運んでは写真撮影や写生を重ねる。今まで作った植物はざっと500種。「学術的な標本として貴重な資料になるかも」。命を注ぐように、愛情と情熱を傾け続ける。

多摩区版の人物風土記最新6

古川 由美子さん

東京五輪の聖火リレーで民間枠のランナーとして6月に大磯町を走る

古川 由美子さん

県立多摩高校出身 56歳

5月7日号

高橋 英司さん

小田急線の登戸―百合ヶ丘間(5駅)を管轄する登戸駅長に、今月就任した

高橋 英司さん

登戸在勤 51歳

4月30日号

伊藤 直人さん

多摩区ソーシャルデザインセンター(SDC)で今春から学生代表を務める

伊藤 直人さん

麻生区在住 20歳

4月23日号

信澤 公昭(たかあき)さん

第41代の多摩警察署長に先月就任した

信澤 公昭(たかあき)さん

多摩区在住 58歳

4月16日号

藤井 智弘さん

23代目の多摩区長に、4月1日付で就任した

藤井 智弘さん

川崎区在住 57歳

4月9日号

こばやし このみさん(本名:小林 空雅)

「性同一性障害」と「発達障害」を抱えながらラジオドラマの声優に臨んだ

こばやし このみさん(本名:小林 空雅)

菅在住 26歳

4月2日号

【川崎市】新型コロナウイルス

ワクチン接種などの情報を随時更新中 接種券の発送日等が変更になりました。

https://www.city.kawasaki.jp/kurashi/category/22-5-15-5-0-0-0-0-0-0.html

<PR>

あっとほーむデスク

  • 5月7日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter