多摩区版 掲載号:2021年3月26日号 エリアトップへ

訪問看護にガウン200枚 西生田・井関さんらが手作り

社会

掲載号:2021年3月26日号

  • LINE
  • hatena
井関さん(右)と芦川さんが作り、寄贈した医療用ガウン=今月10日
井関さん(右)と芦川さんが作り、寄贈した医療用ガウン=今月10日

 物資が不足する医療・看護現場を支援しようと、西生田に住む井関陽子さん(84)と、芦川ゑみ子さん(73)=麻生区在住=は3月10日、手作りガウン約200枚を高石地域包括支援センター(麻生区)に寄贈。来月、訪問看護を行う市内事業所に配布される予定だ。

 井関さんと芦川さんは、コロナ下で同センターが昨春立ち上げた「手作りマスクプロジェクト」に参加。マスクが必要な人と作る人をつなげる活動を通じて、今回の取り組みに至った。

 「訪問診療のときに使うガウンが足りていない」。かかりつけの歯科医院でそう聞いた井関さんが芦川さんに声をかけ、昨年6月ごろからガウン作りを開始した。ナイロン製の70リットルの袋を、首と肩が入るよう裁断。袖には20リットル袋を使い、裁断した袋にテープで貼り合わせて仕上げた。当初はインターネットの情報を参考に作っていたが、井関さんが通う歯科医院のアドバイスを受けて改良。かがんだときに、はだけないように背中を開けた構造が特徴だという。

協議会から現場へ

 これまで作りためた約200枚のガウンは、同センターを通じて神奈川県訪問看護ステーション協議会川崎ブロックへ。同ブロック代表を務める、ひばりの森訪問看護ステーション多摩(宿河原)の佐々木直美所長は「徐々に物資不足は解消しつつあるが、ありがたい。現場で使用していきたい」と感謝を表す。

 「コロナで外出できず、気が滅入っていた。何か役に立つものをと思って作った。喜んでもらえてうれしい」と井関さん。芦川さんも「いらないと言われるまで作り続けたい。一緒に活動してくれる人が増えてくれれば」と思いを話した。

センター職員に手渡す2人
センター職員に手渡す2人

「バンバンなら私もいける!」

【本店】空調設備を一新!5/17(月)9:10オープン予定!各店で感染対策中

http://www.prime777.co.jp/

<PR>

多摩区版のトップニュース最新6

前年比6割増で警鐘

多摩区内自転車事故

前年比6割増で警鐘 社会

市内全区が「多発地域」に

5月14日号

多様な風景、未来へ

多摩川水辺の楽校

多様な風景、未来へ 社会

エコデモ財団 せせらぎ館で展示

5月14日号

川崎市と連携 モデルへ

チャット相談あなたのいばしょ

川崎市と連携 モデルへ 社会

「望まない孤独」対策、前進

5月7日号

沿道の将来像 冊子に

登戸2号線

沿道の将来像 冊子に 経済

区画整理 地権者ら勉強会

5月7日号

「分区」から深めた10年

多摩区保護司会

「分区」から深めた10年 社会

更生支え、犯罪ない社会に

4月30日号

多摩川で8編の物語

登戸出身中川監督

多摩川で8編の物語 文化

Hulu、ドラマ配信開始

4月23日号

あっとほーむデスク

  • 5月14日0:00更新

  • 5月7日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter