多摩区版 掲載号:2021年4月9日号 エリアトップへ

中野島在住石川雄大さん 北京五輪へ強化合宿 パラアイスホッケー 代表候補

スポーツ

掲載号:2021年4月9日号

  • LINE
  • hatena

 2022年の北京冬季パラリンピックで、メダル獲得を目指す「パラアイスホッケー」日本代表チーム。代表候補の石川雄大さん(23)=中野島在住=は、期待の若手選手として注目されている。石川さんを含む代表チームは4月9日から5月末、青森県など国内4カ所で強化合宿に臨む。

 日本体育大学4年生でアマチュアチームの「東京アイスバーンズ」に所属する石川さん。昨年12月に長野県で行われた国内選手権では、同チームが準優勝に輝いた。今年から主将としてチームをけん引する石川さんは「スレッジ(専用そり)のバランスやスピードを磨き、外国人と渡り合いたい」と意気込む。

 パラアイスホッケーは、スレッジに乗り左右に持つスティックでパスやシュートをし得点を競うスポーツ。2018年の平昌大会では米国が優勝し、日本は出場8カ国のうち最下位に沈んだ。その後、北京大会を照準に練習を積んできたが、コロナの影響で海外遠征が1年以上中止に。「他国の情報が入らない」と日本パラアイスホッケー協会は頭を悩ませる。

競技歴は3年

 「筋肉痛で階段を下りられない」。最初はそう思ったが、症状は悪化。4年前、医師から告げられた病名は「骨肉腫」。左足を曲げられず、杖なしで歩けない。そんな中、父親から掛けられた言葉は「病気になっても下を向くな。人生どう生きるかだ」。高校まで10年間打ち込んだ野球を生かし、車いすソフトボールを試みるも左足が妨げとなり断念。ならばと恩師の助言でアイスホッケーに挑戦した。

 競技を始めて3年、抗がん剤の影響からか今は慢性腎不全の病とも闘う。北京後に予定する移植手術までは、食事制限に加え筋トレも不可。それでも外国人選手に競り勝つため、スピードや体幹を鍛える。「病気でなければ日の丸を背負う機会はなかった。得られたものは大きい」。来年冬の大舞台に向け、地道な努力を重ねていく。
 

多摩区版のトップニュース最新6

女子用スラックス、6割

川崎市立中

女子用スラックス、6割 教育

市教委「近年増加傾向に」

4月9日号

北京五輪へ強化合宿

中野島在住石川雄大さん

北京五輪へ強化合宿 スポーツ

パラアイスホッケー 代表候補

4月9日号

住宅地の上昇鈍化

多摩区公示地価

住宅地の上昇鈍化 経済

10地点下落、商業地も横ばい

4月2日号

遊園駅南に新複合施設

野村不動産

遊園駅南に新複合施設 経済

旧ダイエー敷地 住宅・商業へ

4月2日号

民家園・市バスで周遊券

民家園・市バスで周遊券 経済

アプリ連携、沿線活性へ

3月26日号

訪問看護にガウン200枚

訪問看護にガウン200枚 社会

西生田・井関さんらが手作り

3月26日号

「バンバンなら私もいける!」

【新台入替】4/5(月)午前9時10分オープン!コロナ感染症予防対策実施中!

http://www.prime777.co.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月9日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

  • 3月26日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク