多摩区版 掲載号:2021年4月16日号 エリアトップへ

多摩消防団 団員157人 決意新たに 辞令交付式、5人が入団

社会

掲載号:2021年4月16日号

  • LINE
  • hatena
増田団長から辞令を受ける団員
増田団長から辞令を受ける団員

 多摩消防団(増田朝光団長)は4月10日、川崎市消防訓練センター(宮前区)で辞令交付式を開催した。式には本団幹部のほか、新入団員と昇任団員、退団者らが参加。今年度の団員数は総勢157人となり、新たなスタートを切った。

 式では新人として5人が入団し、11人が昇任、人が退団。増田団長は「昨年はコロナ禍で活動を自粛せざるを得ない状況となったが、規模縮小や人数制限をしながら続けてきた。安心安全のまちづくりを目指して、区民の笑顔のために今後も全力を尽くす」と決意を込めた。

 多摩消防署の若林薫署長は「消防団は将来にわたり欠くことのできない存在。今後とも地域防災への協力を心よりお願いしたい」とあいさつ。退団者代表で登壇した前稲田分団部長の保田昌彦さんは「入団して16年間、無事務められたことは皆さんや家族の協力の賜物」と語り、新入団員に向けては「コロナ禍の活動は難しいと思うが、陰ながら応援している」とエールを送った。

女性団員15人に

 多摩消防団では3年前から女性団員を採用。今回、女性1人が加わり、女性団員の定員15人に達した。入団した三好智恵さんは「ずっと消防の仕事に興味があり、役に立ちたかった。消火の方法などをわかりやすく広めていきたい」と思いを話していた。

 この日は各班の車両点検のほか、女性団員の放水訓練なども行われた。

放水の練習をする女性団員ら
放水の練習をする女性団員ら

多摩区版のローカルニュース最新6

小1準備知る講座

小1準備知る講座 教育

市民館

5月7日号

手話や映像充実の興行へ

手話や映像充実の興行へ 社会

HEAT-UP 市ブランド事業

5月7日号

開館10年で400万人

藤子ミュージアム

開館10年で400万人 文化

5月7日号

登戸・遊園市民意見を

登戸・遊園市民意見を 社会

ビジョン案

5月7日号

「たまずん」新居で悠々

「たまずん」新居で悠々 文化

カワスイ展示中

5月7日号

職場環境改善を支援

職場環境改善を支援 経済

市、30万円まで補助金

5月7日号

【川崎市】新型コロナウイルス

ワクチン接種などの情報を随時更新中 接種券の発送日等が変更になりました。

https://www.city.kawasaki.jp/kurashi/category/22-5-15-5-0-0-0-0-0-0.html

<PR>

あっとほーむデスク

  • 5月7日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter