多摩区版 掲載号:2021年7月9日号 エリアトップへ

川崎市 「成年後見」 相談充実へ 各区社協 推進の担い手に

社会

掲載号:2021年7月9日号

  • LINE
  • hatena

 身寄りのない認知症患者や知的・精神障害者の財産を守る「成年後見制度」。制度の利用促進を掲げる国の方針を受け、川崎市は相談体制の強化に注力。「制度を周知し、地域で連携しながら支援が必要な人を早期に発見したい」とし、川崎市社会福協議会(社協)と協働で対策を進める。

 制度の広報や利用者相談を担う中核機関として、市は「川崎市成年後見支援センター」を7月1日に開設。市社協が委託を受け、中原区の事務所内に窓口を置く。より専門的な対応を目指し、裁判所に提出する「申立書」の作成支援などを実施。各区の福祉パル(区社協)内にある「あんしんセンター」でも窓口での相談機能を強化する。

 多摩区社協(登戸)内の「多摩区あんしんセンター」では、従来の窓口相談に加え、出張講座を計画中。高齢者の家族会や地域団体の会合などに職員が出向き、制度の説明や利用に向けたアドバイスを行う予定だ。担当者は「まずは制度の利用対象かどうかを知ってもらうところからが出発点。今後は弁護士や司法書士など専門職を派遣する仕組みも検討する」と展望を話す。

対象8万人超利用は3千弱

 市健康福祉局によると、制度が必要とされる市内対象者は約8万人を超えるという。対象者は自己判断能力が不十分とされる、65歳以上の認知症高齢者5万7701人(昨年推計値)と、精神障害者保健福祉手帳・療育手帳の所持者2万4929人。一方、利用者は2706人(昨年9月時点)のみにとどまる。

 利用には家庭裁判所へ「申立」が必要で、弁護士や司法書士が後見人となり、本人に代わって財産管理を行う。親族が後見人になる場合もあり、手続きの複雑さや専門家への報酬、制度の認知度の低さなどに利用が進まない要因があるとされている。市内で後見人を務める司法書士の一人は「特に制度が必要なのは、身寄りがない一人暮らしの認知症高齢者」と指摘。いかに情報を広く行き届かせるかが課題となっている。

多摩区版のローカルニュース最新6

月下美人の開花、動画撮影に初成功

【Web限定記事】川崎市緑化センター

月下美人の開花、動画撮影に初成功 文化

インスタグラムで配信中

8月12日号

推薦本101冊を展示

専修大生

推薦本101冊を展示 文化

多摩図書館 8月末まで

8月12日号

試合チケットプレゼント

8月27日 川崎フロンターレ対鹿島戦

試合チケットプレゼント スポーツ

8月12日号

義援金 大使館へ

民家園通り商店会

義援金 大使館へ 社会

夏まつり経て、16万円超

8月12日号

聖なる生き物描く

岡本太郎美術館

聖なる生き物描く 文化

小松美羽展で、親子16組

8月12日号

金内さんへ感謝状

多摩署

金内さんへ感謝状 社会

盗撮容疑者を捕まえ

8月12日号

あっとほーむデスク

  • 8月12日0:00更新

  • 8月5日0:00更新

  • 7月22日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook