多摩区版 掲載号:2021年7月9日号 エリアトップへ

専修大コンパス 学生推薦100冊を特集 多摩図書館 初コラボ展示

文化

掲載号:2021年7月9日号

  • LINE
  • hatena
▲開始前日に準備した(右から)今野眞さん、藤井さん、瀬戸咲幸さん
▲開始前日に準備した(右から)今野眞さん、藤井さん、瀬戸咲幸さん

 専大生がオススメの本100冊を紹介します――。登戸の川崎市立多摩図書館で、専修大学図書館ボランティア「Compass(コンパス)」が7月1日からの特集・展示コーナーを担当。選書に加え、配置や装飾、POPを手がけた。19日まで展示している。

 コンパスは、より多くの学生に学内の図書館を利用してもらおうと、生田キャンパス(東三田)で2018年ごろ本格始動した公認ボランティア団体。学部を超えて4学年59人が所属し、展示班と業務サポート班、館内整備班の3班に分かれて活動している。

 多摩図書館はこれまで、職員が展示コーナーを定期的に入れ替え、シニア世代応援やお菓子、自由研究・工作など幅広く特集してきた。職員の吉川敦美さんがインターネットでコンパスの活動を知り、同大学図書部に協力を依頼。学生との初コラボ企画が実現した。

 会期に向け、コンパスは展示班21人を中心に4月末から選書を開始。特にテーマは設けずに本を出し合い、青春小説やミステリー、自己啓発など多様な100冊がリストに挙がった。展示コーナーを彩る装飾や挿絵をはじめ、本を紹介するPOPも手作りで用意。POPは、大学ではひな形を決めて文章作成のみ各自で担当していたが、今回は自由に製作。6月に2、3週間ほど、個別に作業を進めた。

 現地での準備は会期前の先月28日から3日間で、各日3人ずつが担当。先月30日に準備した、展示班リーダーの人間科学部3年・藤井菜々海さん(20)は「地域の人向けの企画は初めて。学内展示とは違う気持ちで臨んだ」と真剣な表情。「いつも通学路であいさつしていただいたり、地域のサポートがあって大学生活が送れている」と感謝を込めた。吉川さんは「想像以上の出来に驚いている。今後も続けられたらうれしい」と思いを話した。詳細情報は同館サイト。
 

本を紹介する自作POPは70点ほど
本を紹介する自作POPは70点ほど

多摩区版のトップニュース最新6

市独自で年内制定へ

犯罪被害者等支援条例

市独自で年内制定へ 社会

相談窓口に心理職ら配置

9月24日号

困難越え、等々力興行

プロレスヒートアップ

困難越え、等々力興行 スポーツ

6試合実現 勇気届ける

9月24日号

アシストパスで新基金

バスケB1川崎

アシストパスで新基金 スポーツ

今季、次世代の競技振興に

9月17日号

光と泡、川崎に活力を

照明家×シャボン玉

光と泡、川崎に活力を 社会

市内在住の2人がコラボ

9月17日号

伊佐選手 中野島に感謝

川崎新田ジム

伊佐選手 中野島に感謝 スポーツ

新・日本ユース王者 地元凱旋

9月10日号

みどり愛護で大臣表彰

多摩区3団体

みどり愛護で大臣表彰 コミュニティ社会

日向山と長沢、根岸古墳

9月10日号

育児・家事の両立OK!

第一生命 南多摩営業オフィス(☎050-3782-2906 担当:石山)

https://dai-ichi-life-career.jp/outline/index.html

「バンバンなら私もいける!」

【新台入替】9/21(月)16時~予定!中野島エリア(本店他)駐車場完備

http://www.prime777.co.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月24日0:00更新

  • 9月17日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook