多摩区版 掲載号:2021年8月20日号 エリアトップへ

【Web限定記事】パラリンピック聖火 多摩区の「希望の火」、日本民家園から東京へ 13日 区採火式に代表者集う

スポーツ

掲載号:2021年8月20日号

  • LINE
  • hatena
多摩区採火者の和秀俊さん(左)から種火入りのランタンを受け取った、市採火式の区代表者・田村和宏さん(中央)=区提供
多摩区採火者の和秀俊さん(左)から種火入りのランタンを受け取った、市採火式の区代表者・田村和宏さん(中央)=区提供

 東京2020パラリンピックの開幕に先立ち、聖火の多摩区採火式が8月13日、川崎市立日本民家園(枡形)で開催された。佐々木家住宅で夕方6時に開式。感染対策のため区の代表者ら関係者のみで行われ、会場の様子はオンラインで生中継された。

 冒頭に、同園で来園ガイドなどを担うボランティア団体「炉端の会」の柴田武会長が、囲炉裏や同会の活動について紹介。「パラリンピックに囲炉裏の火を使うことは非常に光栄。今は活動休止中だが、コロナが収束して会の皆が火を焚けるように願っている」と思いを語った。市民団体「多摩区ストーリーテリングおはなし万華鏡」は、区の特産品である梨と、採火式にちなんで火にまつわる昔話を朗読。炉端の会が囲炉裏から種火をとり、区の採火者・和秀俊さん(田園調布学園大学准教授)が手にするランタンに収められた。

生田緑地の誇り、胸に秘め

 ランタンの火は、市採火式多摩区代表者の田村和宏さん(プロレスリング・ヒートアップ代表)の手に。和さんは「世界に自慢できる生田緑地がここ多摩区にあることを誇りに思う」とし、「自然と共存・共生する日本人の生き方や『結の精神』、日本各地から(川崎市に)移住してきた方々の故郷への思いが詰まった種火」と、多摩区の「希望の火」に期待を込めた。

 火を託された田村さんは、ダウン症の姉に触れ「姉のためにプロレスで何かできないかと始めたことが、今こうしていろんな方々とつながり、パラリンピックの聖火を受け取るまでになった。ここ民家園がある生田緑地は、子どものころ姉とよく遊んだ場所」と回顧。市の採火式に向け、「多摩区が世界一、情熱的な地域であることを明日アピールしてくる」と力強く語った。

 神奈川県が主催する聖火フェスティバルの一環で、川崎市内では7区でそれぞれ独自に採火。14日、「かわさきの火」として等々力緑地内に集められた。15日に行われた県の集火・出立式で県内全市町村の火が一つになり、「ともに生きる社会かながわの火」として東京に送り出された。

 多摩区採火式の様子は後日改めて、ユーチューブで動画配信を予定。詳細は区サイト。

https://www.city.kawasaki.jp/tama/page/0000128770.html

採火する炉端の会会員と和さん
採火する炉端の会会員と和さん
ヒートアップ所属選手らも登場し、盛り上げに一役
ヒートアップ所属選手らも登場し、盛り上げに一役

多摩区版のローカルニュース最新6

「スイートな時間を」

「スイートな時間を」 文化

11月 登戸で男性レビュー

10月22日号

分野超え 力作140点超

多摩区老連

分野超え 力作140点超 文化

趣味展示、コロナ禍の励み

10月22日号

リオ金・高橋さん指導

リオ金・高橋さん指導 スポーツ

市バド協会 小中生46人へ

10月22日号

食品ロス削減啓発

食品ロス削減啓発 社会

県、動画やロゴ

10月22日号

2年ぶり 歌舞伎公演

2年ぶり 歌舞伎公演 文化

11月3日、民家園まつり

10月22日号

デザイン戦後の軌跡

デザイン戦後の軌跡 文化

岡本太郎美術館

10月22日号

「バンバンなら私もいける!」

【新台入替】10月18日16時~予定/20日:本店リフレッシュオープン予定

http://www.prime777.co.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook