多摩区版 掲載号:2021年9月3日号 エリアトップへ

藤子ミュージアム きょう、開館10周年 登戸駅装飾など 魅力発信

文化

掲載号:2021年9月3日号

  • LINE
  • hatena
長尾2丁目にある同館
長尾2丁目にある同館

 多摩区長尾の「川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム」がきょう9月3日、開館10周年を迎えた。今年4月には来館者数が400万人に達し、7月には「10周年記念原画展」がスタート。今月からは市内巡回展示や登戸駅階段装飾など、地域での魅力向上を図る。

 ドラえもんの誕生日「2112年9月3日」にちなんだ日付で、2011年にオープンした同館。多摩区寺尾台に自宅を構えていた藤子・F・不二雄氏の原画展示を中心に、同氏の部屋を再現した「先生の部屋」や、さまざまな仕掛けを体験できる「みんなのひろば」など、作品世界を幅広い世代に伝えてきた。

「原画」巡回展示多摩図書館から

 10周年記念事業として9月3日から、同館の原画展示を縮小再現した「ポケットミュージアム」を開催。市立図書館7館を順次巡回するもので、多摩図書館からスタート。複製原画や解説、まんがを描く道具が並び、鑑賞体験ができる空間を再現する。市立図書館に対しては今回、藤子・F・不二雄プロが『100年 ドラえもん』全45巻を各館1セットずつ寄贈。巡回展示でも活用する方針だ。

 10周年に合わせ、登戸駅から同館を結ぶ直行バスもデザインを刷新。3日から、4両のうち2両が運行開始する。駅改札口から直行バス乗り場に向かう階段は、キャラクターのイラストで装飾。同駅の南北自由通路には9月中旬まで、フラッグも設置されている。

 過去の周年では、登戸駅前で地元団体も参加するセレモニー開催や、近隣小学校児童を招いた「みこし行列」に取り組んできた同館。コロナ禍の今回、式典はない。福田紀彦市長は、8月3日の会見で記念事業について説明。「10周年を一つの契機とし、市とミュージアムが一体となって地域の活性化につなげていきたい」と語った。

 開催中の記念原画展は来年6月30日まで。3カ月ごとに展示内容を入れ替え、まんが原画合計約680枚を公開する。
 

開催中の10周年記念原画展 (C)Fujiko-Pro
開催中の10周年記念原画展 (C)Fujiko-Pro

多摩区版のトップニュース最新6

60年の趣(おもむき)、一区切り

ことぶきや模型店

60年の趣(おもむき)、一区切り 経済

区画整理で移転 変わる街

10月22日号

不登校が800人超

2020年度市立小学校

不登校が800人超 教育

5年連続で過去最多

10月22日号

紙人形劇で情報発信

生田緑地

紙人形劇で情報発信 社会

手作り動画、職員が声出演

10月15日号

謎解き、生田・長沢で

多摩区主催

謎解き、生田・長沢で 文化

「令和」 揮毫(きごう) 茂住さんの題字 目印に

10月15日号

住宅地 上昇傾向戻る

多摩区基準地価

住宅地 上昇傾向戻る 社会

5地点は下落、広がる地域差

10月8日号

1,200人に職域接種

多摩区食品衛生協会

1,200人に職域接種 社会

コロナワクチン 柏屋が会場

10月8日号

「バンバンなら私もいける!」

【新台入替】10月18日16時~予定/20日:本店リフレッシュオープン予定

http://www.prime777.co.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook