多摩区版 掲載号:2021年9月17日号 エリアトップへ

音楽家で「1000人合唱」プロジェクトを企画した 新屋 賀子(しんや よりこ)さん 西生田在住 47歳

掲載号:2021年9月17日号

  • LINE
  • hatena

心に訴える「音」つむぐ

 ○…自ら作詞・作曲した『いのちの地球(ほし)』を1000人で合唱するプロジェクト。9月11日に麻生市民館で行われ、会場と事前に募集した動画を合わせた計350人が参加した。目標だった1000人には届かなかったが「一人ではできなかった。皆さんの応援があって実現できた」と達成感をにじませる。1年半かけて練習、準備を重ね、結実したことへのさみしさも。「子どもが巣立つような感じですかね」。1000人での実現は次回以降の目標だ。

 ○…出身は麻生区。幼い頃から音楽が好きだった。大学で社会学を学び、精神的な部分を考えることに興味を持ち、臨床心理士の資格を取得。学校などでカウンセラーの仕事に従事してきた。その間も趣味で伴奏などの演奏活動を継続。2009年に体調を崩し「好きな音楽を本気でやろう」と退職し、作曲、楽団のバンドマスターなどを務めてきた。「音楽は私自身。分身みたいなものですね」と微笑む。

 ○…これまで音楽を続けてきた原動力は「好き」という気持ち。魅力は「ピアノの『ド』の音が心地よくて。違う世界に連れて行ってくれるのが音楽。歌もピアノも楽しいです」。臨床心理士も音楽も、人と関わり、人の心を動かすことは同じ。「心に訴えていくこと。それをこれからも続けていかないと」。今後の活動の指針を語る。

 ○…写真や織物など、ビジュアルがきれいなものに魅かれやすく、好奇心旺盛な性格。自然の中でゆっくりすることが気分転換に。今後は作曲活動に時間を割いていく考えだ。『いのちの地球』に英訳をつけ、動画にする計画も。「この曲をもっと広く歌ってもらえるように育てていきたいし、皆さんに育てていってもらいたい」。今後も音をつむいでいく。
 

「バンバンなら私もいける!」

【新台入替】10月18日16時~予定/20日:本店リフレッシュオープン予定

http://www.prime777.co.jp/

<PR>

多摩区版の人物風土記最新6

茂住 菁邨(せいそん)さん(本名:茂住 修身)

書家で、元号「令和」発表時に墨書を揮毫(きごう)した

茂住 菁邨(せいそん)さん(本名:茂住 修身)

南生田在住 65歳

10月15日号

三平 雅美さん

区役所通り登栄会商店街振興組合の理事長で、登戸のまち活性化に努める

三平 雅美さん

登戸在住 58歳

10月1日号

星川 光明さん

多摩区暴力団等排除協議会の会長を務めて12年目になる

星川 光明さん

菅北浦在住 61歳

9月24日号

新屋 賀子(しんや よりこ)さん

音楽家で「1000人合唱」プロジェクトを企画した

新屋 賀子(しんや よりこ)さん

西生田在住 47歳

9月17日号

岸 忠宏さん

多摩区医師会の会長に就き、3年目を迎えた

岸 忠宏さん

栗谷在住 62歳

9月10日号

田中 輝夫さん

多摩消防ボランティア委員会の委員長を今年度から務める

田中 輝夫さん

南生田在住 72歳

9月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月15日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 10月1日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook