多摩区版 掲載号:2021年11月5日号 エリアトップへ

「食の祭典in生田緑地」の発起人で、民家園通り商店会の顧問を務める 岩野 正行さん 宿河原在住 75歳

掲載号:2021年11月5日号

  • LINE
  • hatena

仲間思い、「仕掛け人」貫く

 ○…「隠れた名店を発掘する場にしたい」。まちおこしの起爆剤として2016年秋に初開催したグルメ企画が、1日4万人規模の一大行事に成長。商店会長として初代実行委員長を務め、出店者集めやステージ企画に奔走してきた。6回目の今年は「共生社会」を軸に、障害者施設等に出店8区画を用意。「困ってたら助け合う」。利用者の心にそっと寄り添う。

 ○…出身は新潟県。高校を出て自動車メーカーの工場に事務職で勤務したが、3カ月で退職。姉が横浜市内の和菓子店「三吉野」に勤めていたのが縁で、店主の誘いで入社した。およそ5年、修行を重ねた後「近くにダイエーがあって人通りも多かったから」と登戸を拠点と決め、24歳のとき創業。今年6月には50周年の節目を迎えた。

 ○…当初はよそ者扱いが続いたが、「働いて認められるしかない」。向ヶ丘遊園駅南口の商店会立ち上げでは、最年少で発起人の一人に。約5年後、商店会が民家園通り商店会ほか2団体に分かれたときも中心人物として汗を流した。副会長のとき地域最大級の行事「夏まつり」を発足させ、JRや小田急、地元企業を巻き込み20回以上継続。会長は2回、計10年近く務め、今は顧問として役員らを支える。「待っててもお客さんは来ない。外に出て自分から仕掛けなきゃ」。背中でリーダー像を語る。

 ○…「仕事も商店会も、体を動かして若い人と交流するのが生きがい」。透析に通い5年目だが、今も朝4時に起きて仕事場に向かう。昨年閉店したダイエー向ヶ丘店とは、歴代店長と商店会役員で毎年旅行に行ったり、登戸駅長の歓送迎会を企画するなど「大事なのはやっぱり人」。地元に尽くそうと力を振り絞り、最後は「若手に譲りたい」と夢を描く。

「バンバンなら私もいける!」

【本店】1月20日リフレッシュオープン/新台入替/各店 駅近・駐車場完備

http://www.prime777.co.jp/

<PR>

多摩区版の人物風土記最新6

池上 紅実(くみ)さん

川崎市の寺子屋事業を担う「まなてら運営委員会」で委員長を務める

池上 紅実(くみ)さん

登戸在住 50歳

1月21日号

久保山 義夫さん

2021年度「第34回川崎市自治功労賞」の受賞者に選ばれた

久保山 義夫さん

登戸在住 90歳

1月14日号

神園 佳昌さん

川崎青年会議所(JC)の第72代理事長に就任した

神園 佳昌さん

幸区在住 35歳

1月7日号

清水 年子さん

日本民家園のボランティア「炉端の会」初代会員として最高齢で活動を続ける

清水 年子さん

長尾在住 95歳

1月1日号

山本 咲さん

「高校生ものづくりコンテスト全国大会」電気工事部門で優勝した

山本 咲さん

県立向の岡工業高(堰)1年 15歳

12月24日号

松山 知明さん

川崎市歯科医師会の会長に就き、各種健診などに取り組む

松山 知明さん

中原区在勤 62歳

12月17日号

新春セール開催中!

「宝飾品」「腕時計・目覚まし時計」20%OFF!ぜひこの機会をお見逃しなく

044-833-1573

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月21日0:00更新

  • 1月14日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook