多摩区版 掲載号:2021年11月26日号 エリアトップへ

笑顔の花 咲かせ40年 長尾小学校 「種」を地域へ

教育

掲載号:2021年11月26日号

  • LINE
  • hatena
発表順に、5年生「盛り上げよう わたしたちの祭り」、1年生「がっこうだいすき たんけんたい」、2年生「どきどき わくわく まちたんけん」、3年生「大好き 長尾のまち」、4年生「わたしたちの大切なもの」、6年生「つなげる未来」
発表順に、5年生「盛り上げよう わたしたちの祭り」、1年生「がっこうだいすき たんけんたい」、2年生「どきどき わくわく まちたんけん」、3年生「大好き 長尾のまち」、4年生「わたしたちの大切なもの」、6年生「つなげる未来」

 創立40周年を迎えた川崎市立長尾小学校(松浦徹校長・児童数223人)は11月20日、記念式典を開いた。歴代校長や学校関係者、6年生が出席し、全校児童が学年ごとに歌や演奏、寸劇など趣向を凝らして発表。日頃の学校生活に感謝を込め、長尾小や地域の魅力を表現した。

 40周年のスローガンは「個性かがやく一等星 あいさつの種を植えて笑顔の花を咲かせよう」。トーンチャイム演奏や校歌斉唱のオープニングに続き、「祭り」をテーマにした太鼓や踊りを5年生が披露して開幕。1年生は校内を探検して見つけた場所や教員の魅力を紹介した。まち探検を題材にした2年生は「せかい たからもの大会」と題した寸劇を行い、地元の宝物として妙楽寺や等覚院を説明。審査員に扮した児童が迫真の演技を見せる一幕もあった。

 東高根森林公園の魅力に迫った3年生は、ザリガニが登場する寸劇も。同園を宣伝する自作CMを生演出して会場を沸かせた。4年生はあいさつや笑顔、歌声を「大切なもの」として合唱した。

 6年生は「つなげる未来」をテーマに、入学してからの6年間を振り返り、歌にのせて発表。「いろいろな種から長尾に笑顔の花を咲かせたい」とメッセージを発信し、迫力ある合奏を披露した。エンディングは5、6年生の合唱で花を添えた。

 式典をはじめ記念事業は、現役・歴代PTA役員や教員らによる実行委員会が進行に従事。飼育池の循環器やビオトープ整備、校庭遊具整備のほか、児童主体によるスロープ壁画制作や水道タイル画制作、植栽整備などが行われた。実行委員長の高橋晃さん=人物風土記で紹介=は「この式典が子どもたちの心に残り、いい思い出になればうれしい」と語った。

 長尾小学校は1982(昭和57)年、稲田小学校と向丘小学校から分離独立し、児童398で開校。「友情の木」として両校から贈られた金と銀のモクセイが、今も正門そばで児童たちと地域を見守っている。

エンディングは5・6年生合唱「空は今」
エンディングは5・6年生合唱「空は今」

多摩区版のローカルニュース最新6

住民ら 愛注ぐバラの道

アクセスロード

住民ら 愛注ぐバラの道 社会

花壇ボランティアの会

5月20日号

生田緑地の写真並ぶ

生田緑地の写真並ぶ 文化

せせらぎ館で31日まで

5月20日号

2年半ぶり生歌届け

2年半ぶり生歌届け 文化

yucat 東京公演に230人

5月20日号

県銘菓を一挙公開

共励会

県銘菓を一挙公開 経済

特設ウェブページで

5月20日号

親子で夏休み見学会

水とかがやく未来館

親子で夏休み見学会 教育

5月20日号

宇都宮と準決勝、今年も

バスケB1川崎

宇都宮と準決勝、今年も スポーツ

あすから ホーム等々力で

5月20日号

「バンバンなら私もいける!」

【新台入替】5月16日9:10オープン ポラリス「Sアイムジャグラー」増台

http://www.prime777.co.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

  • 5月6日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook