多摩区版 掲載号:2021年11月26日号 エリアトップへ

【Web限定記事】 在日女性、ネットヘイト投稿に提訴 「差別言動違法」確立めざす

社会

掲載号:2021年11月26日号

  • LINE
  • hatena
記者会見する関係者
記者会見する関係者

 差別的言動が司法の場で「違法」であると示されることで、ヘイト解消法や市の差別禁止条例の運用の大きな力になれば--。ブログやツイッター上で5年にわたり、名指しで人種差別を行う書き込みをし続けた男性に対し、川崎市の在日コリアン3世・崔江以子(チェカンイヂャ)さんが、横浜地裁川崎支部に305万円の損害賠償を求める訴えを起こした。11月18日には川崎市役所で記者会見を行い、提訴した崔さんは力を込めた。

 崔さんは北関東在住でアカウント名「ハゲタカ鷲津政彦」を名乗る男性から、「さっさと祖国へ帰れ」などの書き込みをインターネット上で受けた。投稿はその後削除されたが、そのことを逆恨みされ、2016年10月30日から昨年10月31日まで、崔さんへの誹謗中傷の書き込みを繰り返した。

 会見で崔さんは、「自分(ハゲタカ)の愛する日本の法務局が削除を要請し、愛する日本の運営会社が削除したら、怒りの矛先を私に向けてきた。恐らく、朝鮮人の女だからだ」と語った。崔さんは「祖国へ帰れという言葉は、私にとっては、いなくなれと存在を否定するもの。川崎でひどい差別に遭いながら生きてきた在日1世のハルモニ(おばあさん)は『今までたくさん差別を受けてきた中で、ヘイトスピーチは一番つらい』と語る。祖国に帰れは、4世、5世の子どもたちに向かって繰り返され、条例制定後も止めることができない言葉」と涙ながらに訴えた。

 代理人弁護団の神原元弁護士は「地域社会から出て行けと排除する表現は、ヘイトスピーチそのもの。ただ、現行法上、不法行為にあたるという考え方は判例上はっきり認められているわけではない。今回の裁判で差別言動そのものが違法であることを社会、判例に確立していくことに意義がある」と語った。

多摩区版のローカルニュース最新6

住民ら 愛注ぐバラの道

アクセスロード

住民ら 愛注ぐバラの道 社会

花壇ボランティアの会

5月20日号

生田緑地の写真並ぶ

生田緑地の写真並ぶ 文化

せせらぎ館で31日まで

5月20日号

2年半ぶり生歌届け

2年半ぶり生歌届け 文化

yucat 東京公演に230人

5月20日号

県銘菓を一挙公開

共励会

県銘菓を一挙公開 経済

特設ウェブページで

5月20日号

親子で夏休み見学会

水とかがやく未来館

親子で夏休み見学会 教育

5月20日号

宇都宮と準決勝、今年も

バスケB1川崎

宇都宮と準決勝、今年も スポーツ

あすから ホーム等々力で

5月20日号

「バンバンなら私もいける!」

【新台入替】5月16日9:10オープン ポラリス「Sアイムジャグラー」増台

http://www.prime777.co.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

  • 5月6日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook