多摩区版 掲載号:2021年12月24日号 エリアトップへ

第4回川崎市地域文化財を紐解く【3】 111年の記録代々受け継ぐ 長尾神社・射的祭

文化

掲載号:2021年12月24日号

  • LINE
  • hatena
儀式記録(上)と、資料をめくる鈴木会長
儀式記録(上)と、資料をめくる鈴木会長

 五穀豊穣や無病息災を願い、毎年1月7日に近い日曜日に開催される長尾神社の射的(まとう)祭。男児2人が射手に選ばれ、介添人の大人が代わって的を射る。起源は鎌倉時代以前と伝えられる。長尾神社奉賛会の鈴木実弥一会長(74)の自宅には、1910(明治43)年につづられた「儀式記録」がある。射的祭の執り行い方を代々伝えてきた貴重な文化財だ。

 儀式記録には射的に必要な材料や作り方、的の打ち方、供え物のレシピまで細かく記されている。現代は年季の入った記録に代わり、パソコンで文字起こしされた資料や写真がファイルにまとめられ、歴代の会長宅で保管。射的祭は長尾の6地区が順番に当番となって全体を仕切るため、6年ぶりの作業にはこれらの資料が欠かせない。「やり方を知る人がいなくなっていく。残さなければ次の世代が何もできなくなってしまう」と鈴木会長。来年も1月9日午前10時から開催を控え、当番は下河原地区。的や弓は今月上旬に作り終えたところだ。

 弓の材料が桃の木から梅の木に替わるなど、時代とともに変化したことも。高齢化や人手不足で当番制が難しくなる中、奉賛会単独で主催することも視野に入れる。一方、ぼろぼろで買い替えを検討していた射手の紋付袴は、直して使い続ける。「残せるものは、残していかないと」

多摩区版のローカルニュース最新6

住民ら 愛注ぐバラの道

アクセスロード

住民ら 愛注ぐバラの道 社会

花壇ボランティアの会

5月20日号

生田緑地の写真並ぶ

生田緑地の写真並ぶ 文化

せせらぎ館で31日まで

5月20日号

2年半ぶり生歌届け

2年半ぶり生歌届け 文化

yucat 東京公演に230人

5月20日号

県銘菓を一挙公開

共励会

県銘菓を一挙公開 経済

特設ウェブページで

5月20日号

親子で夏休み見学会

水とかがやく未来館

親子で夏休み見学会 教育

5月20日号

宇都宮と準決勝、今年も

バスケB1川崎

宇都宮と準決勝、今年も スポーツ

あすから ホーム等々力で

5月20日号

「バンバンなら私もいける!」

【新台入替】5月16日9:10オープン ポラリス「Sアイムジャグラー」増台

http://www.prime777.co.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

  • 5月6日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook