多摩区版 掲載号:2022年1月14日号 エリアトップへ

市政報告 離婚後の支援と離婚に至る前にできる支援 川崎市議会議員 かがみ まさひこ

掲載号:2022年1月14日号

  • LINE
  • hatena

 「問題が起こる前」に問題を解決する上流思考、いわゆる根本解決に向けた取り組み【2】

◆パパとママの離婚講座

 決して離婚を薦める講座ではありません。やむを得ず離婚を選択するとしても、お子さまにしてあげられることがあります。そして、ちょっとした知識が離婚後の生活の「安定」につながります。離婚前後の親子のメンタルケア、決めておきたい離婚の条件、離婚後のパパとママの関係等を学ぶのが「パパとママの離婚講座」です。

 そもそも養育費の不払い問題が起きないような事前の取り決めを行うことや、お子さまのメンタルケア等を事前に学ぶことで、さまざまな離婚問題を未然に防ぐことや離婚を選択しないという判断の一助になると考えます。離婚に至る前にできる支援も必要ではないでしょうか。

◆養育費確保支援事業・公正証書等作成費補助

 川崎市では令和2年10月より、養育費の立替払いを行う保証会社との契約締結時の手数料の一部を補助する「川崎市ひとり親家庭養育費確保支援事業」を開始しましたが、昨年12月までの利用件数は3件です。保証会社との契約には公正証書等が必要となることや、周知不足が利用が少ない要因と思われます。

 他都市の状況を調査したところ、保証会社手数料の一部補助だけでなく公正証書作成費についても補助している都市が多くありました。

◆面会交流支援

 離婚後も夫婦間でよく話し合い、子どもが安心して過ごせる環境を準備することが必要ですが、夫婦間に感情的な対立が強い場合には、親権がある親は相手に子どもを合わせたくない思う反面、親権がない親は少しでも多く子どもに会いたいと思うことからトラブルに発展することもあります。面会交流が進まない要因として、面会交流の受け渡しの際に別れた相手と顔を合わせたくない、面会交流の調整のための連絡すら取りたくない等があります。

 このような父母間のさまざまな事情から、別居している親と未成年の子との交流が円滑に実現できない場合に、連絡調整、受け渡し、付添い等の方法で親子の交流をサポートするのが「面会交流支援」です。支援を行っている団体さんによると、面会交流が進むことことは子どもの心の安定につながることだけでなく、養育費の支払い円滑化につながることも多く、この費用も補助している都市もあります。

 これらを踏まえ、私は昨年12月議会で、離婚のことを事前に学ぶ機会の提供や公正証書作成費補助の新設、面会交流支援に対する補助について、市に対し要望しました。

各務雅彦

川崎市多摩区南生田5-14-11

TEL:044-948-7840

https://kagamimasahiko.com/

「バンバンなら私もいける!」

【本店】1月20日リフレッシュオープン/新台入替/各店 駅近・駐車場完備

http://www.prime777.co.jp/

<PR>

多摩区版の意見広告・議会報告最新6

川崎市こそ脱炭素・再生可能エネルギーの一大拠点に

市政報告

川崎市こそ脱炭素・再生可能エネルギーの一大拠点に

日本共産党 川崎市議会議員 井口まみ

1月21日号

老い方を学ぶ「100歳大学」

市政報告

老い方を学ぶ「100歳大学」

川崎市議会議員 かがみ まさひこ

1月21日号

DXの推進に向けた取り組み・その展望

市政報告

DXの推進に向けた取り組み・その展望

みらい川崎市議会議員団 露木 明美

1月14日号

離婚後の支援と離婚に至る前にできる支援

市政報告

離婚後の支援と離婚に至る前にできる支援

川崎市議会議員 かがみ まさひこ

1月14日号

若年から気付き学ぶこと

市政報告

若年から気付き学ぶこと

川崎市議会議員 かがみ まさひこ

1月7日号

物事の根本(上流)を見る

市政報告

物事の根本(上流)を見る

川崎市議会議員 かがみ まさひこ

1月1日号

新春セール開催中!

「宝飾品」「腕時計・目覚まし時計」20%OFF!ぜひこの機会をお見逃しなく

044-833-1573

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月21日0:00更新

  • 1月14日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook