多摩区版 掲載号:2022年1月14日号 エリアトップへ

凧つくり ふれあう 水辺の楽校に173人

文化

掲載号:2022年1月14日号

  • LINE
  • hatena
河川敷周辺で凧を飛ばす参加者
河川敷周辺で凧を飛ばす参加者

 「かわさき水辺の楽校」による恒例の凧あげイベントが1月10日、二ヶ領せせらぎ館周辺で開催された。64組173人の親子が凧づくりに挑戦。ほどよい風が吹く中、思い思いに凧あげを楽しんだ。

 昨年コロナ禍で中止になった催しで、今年は感染対策のもと屋外会場を中心に実施。日本の凧の会横浜支部のメンバーが指導で協力し、それぞれ個性あふれる凧ができあがった。横浜支部代表の鈴木勇さんは「多摩川河川敷は凧を作ってすぐ揚げられるところがいい。絵を描いて組む作業を通して、親子の触れ合いを楽しんでもらえたら」と語った。

 多摩区子どもの外遊び交流委員会とNPO法人多摩川エコミュージアムも共催し、この日は竹細工や焚き火、草すべりなども用意された。自然体験活動を提供してきた「かわさき水辺の楽校」の代表を務める金作幸男さんは、「対策をしながらではあるが、ここまで多くの参加があったのは子どもたちが外で遊びたいという気持ちの表れ。河原は自然の中で遊べる貴重な空間」と思いを話した。

日本の凧の会横浜支部の指導で凧づくり
日本の凧の会横浜支部の指導で凧づくり

多摩区版のローカルニュース最新6

住民ら 愛注ぐバラの道

アクセスロード

住民ら 愛注ぐバラの道 社会

花壇ボランティアの会

5月20日号

生田緑地の写真並ぶ

生田緑地の写真並ぶ 文化

せせらぎ館で31日まで

5月20日号

2年半ぶり生歌届け

2年半ぶり生歌届け 文化

yucat 東京公演に230人

5月20日号

県銘菓を一挙公開

共励会

県銘菓を一挙公開 経済

特設ウェブページで

5月20日号

親子で夏休み見学会

水とかがやく未来館

親子で夏休み見学会 教育

5月20日号

宇都宮と準決勝、今年も

バスケB1川崎

宇都宮と準決勝、今年も スポーツ

あすから ホーム等々力で

5月20日号

「バンバンなら私もいける!」

【新台入替】5月16日9:10オープン ポラリス「Sアイムジャグラー」増台

http://www.prime777.co.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

  • 5月6日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook