多摩区版 掲載号:2022年1月21日号 エリアトップへ

市政報告 老い方を学ぶ「100歳大学」 川崎市議会議員 かがみ まさひこ

掲載号:2022年1月21日号

  • LINE
  • hatena

 「問題が起こる前」に問題を解決する上流思考、いわゆる根本解決に向けた取り組み【3】

◆課題解決ではなく課題回避・解消

 ここ20年で100歳を超える高齢者が急増、国立社会保障・人口問題研究所の推計では、2030年には20万人、40年には30万人を超えると予想され、多くの日本人が100歳を生きる可能性がある時代が来たということになります。これは、「余生」と考えてきた「老い」の時間が数倍に伸びるということであり「老い」は「もう一つの人生」であると言っても過言ではありません。これまでの高齢者に対する福祉施策は、年金・医療・介護等の「課題解決型」(対症療法)であり、資金的にもマンパワー的にも限界であり施策転換が求められています。そこで重要になるのは、課題を解決するのではなく課題を回避・解消するという考えです。

◆老いの義務教育

 一般社団法人健康・生きがい開発財団は、医療や介護のお世話にならない生き方・老い方を学ぶ「100歳大学」構想を掲げ、現在普及活動を行っています。100歳大学のねらいのポイントは、誰もが経験したことのない人生100歳時代の老いの生き方の基礎、基本を体系的に学ぶことであり、重要なテーマは平均寿命と健康寿命の差の短縮、解消を目指すこと、健康長寿のまちづくりに活躍できる人財づくりを目指すことです。

◆人生は二幕目がおもしろい

 同財団は「これからの高齢者には、健康と同時に生きがいが大事だ」を念頭に「仲間をつくり、仲間とともに生きがいをもって社会の中でなんらかの役割を果たし、その結果として社会に貢献する」ための環境づくりができる人財育成も行っています。健康でいるためには体だけでなく、心が健康であることが重要であり、「生きがい」を感じることができるかがポイントです。50歳を過ぎた私ですが、「人生は二幕目がおもしろい」という言葉が響きます。「生きがい」を感じることができるかは自分自身の行動、老いの生き方が問われることでもあります。100歳大学は、そんな老いの生き方を学ぶ機会の提供となります。民間事業者や大学との連携による開催、市への働きかけを行ってまいります。

各務雅彦

川崎市多摩区南生田5-14-11

TEL:044-948-7840

https://kagamimasahiko.com/

多摩区版の意見広告・議会報告最新6

災害でひとりの命も失わないために

五反田川・多摩川の治水対策の徹底を。危機管理体制強化の実現。 市政報告 Vol.7

災害でひとりの命も失わないために

川崎市議会議員 無所属 吉沢章子

4月1日号

会派要望を実現!!

市議会報告 みらい川崎市議会議員団 Vol.22

会派要望を実現!!

令和4年度予算で

3月25日号

犯罪被害者等に対する支援策まとまる

4月1日施行 市政報告

犯罪被害者等に対する支援策まとまる

みらい川崎市議会議員団 露木 明美

3月25日号

川崎市の歳入低迷への光は「有効活用」と「投資」

議会報告

川崎市の歳入低迷への光は「有効活用」と「投資」

川崎市議会議員 上原まさひろ

3月18日号

じもと応援券(第3弾)は紙の商品券も発行すべき

市政報告

じもと応援券(第3弾)は紙の商品券も発行すべき

日本共産党 川崎市議会議員団 井口まみ

3月11日号

今後の特養ホーム新設計画はゼロ!施設、在宅ともに安心安全の介護環境を

市政報告

今後の特養ホーム新設計画はゼロ!施設、在宅ともに安心安全の介護環境を

日本共産党 川崎市議会議員団 赤石ひろ子

3月4日号

あっとほーむデスク

  • 5月27日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook