多摩区版 掲載号:2022年3月11日号 エリアトップへ

市政報告 じもと応援券(第3弾)は紙の商品券も発行すべき 日本共産党 川崎市議会議員団 井口まみ

掲載号:2022年3月11日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市議会は来年度予算を審議しています。川崎市の収入は市民税収入が昨年度予算より217億円増となり、予算規模も過去最高となっています。全国の政令市の中で最も豊かな財政を誇るのですが、市長は「財政が厳しい」と言い続けています。

 日本共産党は、子どもの医療費無料化は神奈川県内で唯一小学校6年生までなど市民向けの施策が乏しいことを指摘し、不要なため込み金を使って福祉や暮らしに充てることを求めています。

◆コロナ対策で地方創生臨時交付金、川崎市は32億円

 コロナ対策では、自宅療養が1万3千人に上り、病院も通常診療までひっ迫しているなど大変な状況が続いています。その中で国はコロナ対策に自由に使える「地方創生臨時交付金」を自治体に出しています。

 川崎市も32億円を受け取り、そのうち11億円を使って、地域経済に貢献するじもと応援券(第3弾)を行うことになりました。過去2回のじもと応援券は紙の商品券でしたが、今回はスマホでQRコードを読み取るとそれで支払いができるという、電子商品券のみとするということです。

 そのことを町でお話すると「スマホでは高齢者は買い物できない。行政が税金を使った事業をするのに利用者を狭めるのはおかしい」「うちの店は高齢者の利用が多いのでスマホ決済は利用されない」などの声が次々と上がりました。それをうけ私たちは「これでは電子決済ができない人やお店は対象外になってしまう。紙の商品券も併用すべきでは」と指摘しています。

 この電子商品券を行う補正予算も含め、来年度予算が決まるのは3月16日です。7日から10日までは予算審査特別委員会で予算のさまざまな内容をただしました。私もいくつかの課題を取り上げました。ぜひご注目ください。

井口まみ

川崎市多摩区菅馬場1-23-25

TEL:044-949-6675
FAX:044-949-6675

http://www.iguchi-mami.jp/

多摩区版の意見広告・議会報告最新6

経済と外交に強い「あさお」が守る

意見広告

経済と外交に強い「あさお」が守る

岸田首相「ブレない信念の政治家」

6月17日号

未来を拓く、確かな力。

意見広告

未来を拓く、確かな力。

公明党外交部会長・青年局長 三浦のぶひろ

6月17日号

災害でひとりの命も失わないために

五反田川・多摩川の治水対策の徹底を。危機管理体制強化の実現。 市政報告 Vol.7

災害でひとりの命も失わないために

川崎市議会議員 無所属 吉沢章子

4月1日号

会派要望を実現!!

市議会報告 みらい川崎市議会議員団 Vol.22

会派要望を実現!!

令和4年度予算で

3月25日号

犯罪被害者等に対する支援策まとまる

4月1日施行 市政報告

犯罪被害者等に対する支援策まとまる

みらい川崎市議会議員団 露木 明美

3月25日号

川崎市の歳入低迷への光は「有効活用」と「投資」

議会報告

川崎市の歳入低迷への光は「有効活用」と「投資」

川崎市議会議員 上原まさひろ

3月18日号

「バンバンなら私もいける!」

【新台入替】6月20日 新台は16時オープン 「めぞん一刻甘デジ」3店舗に

http://www.prime777.co.jp/

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 6月17日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook