多摩区版 掲載号:2022年4月8日号 エリアトップへ

ダンス&ボーカルグループ「EXILE」メンバーで川崎市市民文化大使を務める 松本 利夫さん 川崎市出身 46歳

掲載号:2022年4月8日号

  • LINE
  • hatena

「川崎愛」胸に前へ

 ○…「地元を知りたい」との思いから川崎応援プロジェクトと銘打ち、「川崎利夫」名義で動画配信を始めて1年。念願の市民文化大使に就任し、今月発行の市勢要覧では市長と対談した。「お互いに川崎愛を持って語りあえた」とにっこり。「ストリートカルチャーに寛大で、市として受け入れているのが素晴らしい。一緒に応援できたら」と意気込む。

 ○…高津区出身。子母口小、東橘中を経て麻生高校へ。16歳の時にダンスに興味を持ち、友人との出会いでどっぷりはまった。見よう見まねの独学で仲間と没頭し、宮前区役所のガラス張りの広場で夜な夜な練習に励んだことも。一番の転機は、アルバイトでお金を貯めた20歳での渡米。「本場ニューヨークの人や文化、熱量に圧倒された」。ヒップホップカルチャーにのめり込み、帰国後クラブやイベントに出る中で認知が広がり、EXILE創設メンバーとしてデビューした。

 ○…2015年にパフォーマーは卒業。俳優としても活動の場を広げ仕事に打ち込む日々は息子の誕生で一変。子どもに会いたい思いが膨らみ、家庭との両立に悩む子煩悩なパパに。「両方100%を注ぎたいけど難しい」。現在5歳の息子と夫婦で近所の公園やプール、恐竜展へ出かけるなど休日の過ごし方も変わった。「親の方が楽しんでいる」と笑顔だ。

 ○…40歳を過ぎ先を考えた時、自然と地元に目が向いた。母に会いに帰る度、生まれ育った風景を心地よく感じる。目標は偉人たちに並び川崎に自身の銅像が立つこと。「目標はバカにされるくらい高い方がいい。その方がずっと頑張れる」。EXILEを100年残したいというもう一つの夢も。「いつか息子が入ってくれたら」。願いを胸に歩みを進める。

多摩区版の人物風土記最新6

清田 英彦さん

県立向の岡工業高校相撲部の監督で、5大会連続で全国総体に導いた

清田 英彦さん

堰在勤 42歳

6月24日号

溝江 光運さん

「長尾の里あじさい寺」として知られる妙楽寺で第25世住職を務める

溝江 光運さん スポーツ

長尾在住 81歳

6月17日号

菊地 徹さん

川崎市緑化センターの統括責任者を務める

菊地 徹さん

宿河原在勤 62歳

6月10日号

太田 裕子さん

保護司として「多摩区更生保護女性会」の会長を務める

太田 裕子さん

生田在住 75歳

6月3日号

吉田 明宏さん

(株)川崎フロンターレの代表取締役社長に先月就任した

吉田 明宏さん

高津区在勤 58歳

5月27日号

三竹 文三さん

「ばら苑アクセスロード花壇ボランティアの会」で会長を務める

三竹 文三さん

宿河原在住 83歳

5月20日号

「バンバンなら私もいける!」

【新台入替】6月20日 新台は16時オープン 「めぞん一刻甘デジ」3店舗に

http://www.prime777.co.jp/

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 6月17日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook