多摩区版 掲載号:2022年5月20日号 エリアトップへ

日本地名研究所 初代所長・谷川氏を特集 生誕百年記念し、刊行

文化

掲載号:2022年5月20日号

  • LINE
  • hatena
同誌を手にする菊地事務局長
同誌を手にする菊地事務局長

 日本地名研究所(高津区溝口)はこのほど、初代所長の故・谷川健一氏を特集した情報誌『地名と風土』第15号を発行した。昨年迎えた地名研究所創設40周年と、谷川氏の生誕100周年を記念して企画した。

 谷川氏は民俗学者で、生前は麻生区に居住。高度経済成長期以降、全国各地で土地開発や合併に伴いもともとの地名が失われていく事態に危機感を覚え、地名を守る運動を始めた。神奈川県と川崎市の協力を得て、1981年に初めて市内で全国シンポジウムが開かれ、同年に地名研究所の設立に至った。

 同研究所事務局長の菊地恒雄さんは「谷川氏が麻生区に住んでいたことを知っている人も、今ではほとんどいない。改めて地名研究所の成り立ちと、谷川健一という存在を再確認する機会になれば」と思いを話す。

 同誌は「谷川健一論の現在」「谷川健一を語る」の二本立てで、研究者らによる論文や、谷川氏と関わった各地の地名研究会の人たちによる思い出などが寄せられている。日本地名研究所編集・発行、岩田書院発売(本体価格2000円)。書店で取り寄せられるほか、同研究所でも購入できる。

 問い合わせは日本地名研究所【電話】044・812・1106。

多摩区版のローカルニュース最新6

月下美人の開花、動画撮影に初成功

【Web限定記事】川崎市緑化センター

月下美人の開花、動画撮影に初成功 文化

インスタグラムで配信中

8月12日号

推薦本101冊を展示

専修大生

推薦本101冊を展示 文化

多摩図書館 8月末まで

8月12日号

試合チケットプレゼント

8月27日 川崎フロンターレ対鹿島戦

試合チケットプレゼント スポーツ

8月12日号

義援金 大使館へ

民家園通り商店会

義援金 大使館へ 社会

夏まつり経て、16万円超

8月12日号

聖なる生き物描く

岡本太郎美術館

聖なる生き物描く 文化

小松美羽展で、親子16組

8月12日号

金内さんへ感謝状

多摩署

金内さんへ感謝状 社会

盗撮容疑者を捕まえ

8月12日号

あっとほーむデスク

  • 8月12日0:00更新

  • 8月5日0:00更新

  • 7月22日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook