多摩区版 掲載号:2022年6月3日号 エリアトップへ

保護司として「多摩区更生保護女性会」の会長を務める 太田 裕子さん 生田在住 75歳

掲載号:2022年6月3日号

  • LINE
  • hatena

心尽くし、向き合う

 ○…犯罪や非行をした人の更生を支える保護司になって19年目。女性保護司や保護司の妻ら48人が所属する多摩区更生保護女性会で、会長として4年目になる。地域イベントでの啓発や更生保護施設の支援、6月は長尾の「あじさいまつり」でのあられ販売が恒例だ。「会員の親睦を深め、テーマを持って活動していきたい」と、新年度に思いを新たにする。

 ○…民生委員など地元で幅広く活躍した母と、子ども会活動に尽力した夫の勧めもあり、先輩保護司の推薦を受けて更生保護の道へ。「心からみてあげること。気持ちで接すれば気持ちで返ってくる」と、対象者との対話を重ねてきた。区女性会は一昨年、全国の地域連携の推進地区に指定されたがコロナ禍に。活動が制限される中、街中で困っている人への「声かけ運動」を皆で始めた。「勇気を出して声をかけてよかった」と、道端で動けなくなっていた男性を助けた経験を振り返る。「小さいことから始めて、広げていけたら」

 ○…3姉妹の長女、生まれも育ちも生田。私立高校の教師を5年勤めた後、自宅の一室で50年にわたって近所の子どもたちに勉強を教えた。1女3男の子育てに奮闘しながらの日々だったが「教えるのが好きだから。自分の勉強にもなる」と目を細める。今は8人の孫に恵まれ、老人会活動や旅行、カラオケ、舞踊と趣味を楽しむ。「健康じゃないとね」と野菜作りにも精を出す。

 ○…区保護司会の副会長も4年目。「与えられたことはしっかりやる」と、今できることを模索する。ボランティア活動を通じて思い浮かぶのは、地域に尽くした母の背中。「多くは語らなくとも、いるだけで存在感がある人だった。母には及ばないけれど」。その姿を胸に、次代を思う。

多摩区版の人物風土記最新6

大津 昭己(しょうみ)さん

今春から多摩区遺族会の会長を務める

大津 昭己(しょうみ)さん

宿河原在住 80歳

8月12日号

梶 稔さん

今年6月、セレサ川崎農業協同組合の代表理事組合長に就任した

梶 稔さん

麻生区在住 66歳

8月5日号

久延 一郎さん

川崎市農業技術支援センターの所長を今春から務める

久延 一郎さん

菅仙谷在勤 53歳

7月29日号

熊谷 薫さん

多摩区周辺でアートプロジェクトを行うTAMA VOICESの代表を務める

熊谷 薫さん

生田在住 42歳

7月22日号

金田 圭二さん

パサージュ・たま運営委員会の委員長を務める

金田 圭二さん

菅馬場在勤 44歳

7月15日号

武藤 智則さん

登戸区画整理事務所の所長を今春から務める

武藤 智則さん

登戸在勤 53歳

7月8日号

あっとほーむデスク

  • 8月12日0:00更新

  • 8月5日0:00更新

  • 7月22日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook