多摩区版 掲載号:2022年7月1日号 エリアトップへ

かわさきプラネタリウム同好会の会長を務める 間渕 秀和さん 寺尾台在住 68歳

掲載号:2022年7月1日号

  • LINE
  • hatena

星空を魅せる案内人

 ○…かわさき宙と緑の科学館で、独自のプラネタリウム番組発表会を開いてきた。シナリオやナレーション、すべてが手作りだ。今月16日に11回目を控え、「専門的になりすぎないよう、子どもでも分かる内容に」とほほ笑む。2020年に2代目会長に就き、中学生から60代まで幅広いメンバー12人のまとめ役。「星が好きっていう共通点があるからみんな仲良し」。本番に向け準備は大詰めを迎える。

 ○…小学5年生の時、同級生の兄にのぞかせてもらった天体望遠鏡。見えたのは土星の輪だった。「こんなきれいなものがこの世にあるんだ」。その感動は今も忘れられない。中高は天文部。流星群を見ようと、中学校に仲間と泊まり込んだことも。約35年の歳月を経て、定年前に何をしたいか考えたとき、迷いはなかった。「昔は星に夢中だったよな」。同好会のほか、科学館で星空を解説するボランティアも生きがいだ。

 ○…元々車好きだったこともあり、慶応義塾大時代は自動車部へ。運転技術の正確さや速さを競うことに打ち込んだ。工学部ではエンジンを研究。卒業後、日産自動車で排気ガスを少なくするエンジンの実験に長年携わってきた。「星もそうだけど、一つのことにのめり込むタイプかな」と会社員生活を振り返る。子どものころは家族でドライブした楽しい記憶が残る。今は孫を乗せ、ハンドルを握っている。

 ○…腕時計の文字盤には星座が散りばめられている。携帯ケースや小銭入れにも。「星があると、つい買っちゃうんだ」とおちゃめな一面も。今は星空を見る喜びよりも人に魅せる喜びが勝っている。「今回は初めて孫も見に来る」と発表会準備に余念はない。老若男女問わず、魅力をこれからも伝え続ける。

多摩区版の人物風土記最新6

大津 昭己(しょうみ)さん

今春から多摩区遺族会の会長を務める

大津 昭己(しょうみ)さん

宿河原在住 80歳

8月12日号

梶 稔さん

今年6月、セレサ川崎農業協同組合の代表理事組合長に就任した

梶 稔さん

麻生区在住 66歳

8月5日号

久延 一郎さん

川崎市農業技術支援センターの所長を今春から務める

久延 一郎さん

菅仙谷在勤 53歳

7月29日号

熊谷 薫さん

多摩区周辺でアートプロジェクトを行うTAMA VOICESの代表を務める

熊谷 薫さん

生田在住 42歳

7月22日号

金田 圭二さん

パサージュ・たま運営委員会の委員長を務める

金田 圭二さん

菅馬場在勤 44歳

7月15日号

武藤 智則さん

登戸区画整理事務所の所長を今春から務める

武藤 智則さん

登戸在勤 53歳

7月8日号

あっとほーむデスク

  • 8月12日0:00更新

  • 8月5日0:00更新

  • 7月22日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook