神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

資源ごみの持ち去り 「禁止条例」一定の効果

社会

公開:2024年5月24日

  • X
  • LINE
  • hatena
資源ごみの集積所
資源ごみの集積所

 2022年4月に「川崎市廃棄物の処理及び再生利用等に関する条例」が改正され、資源物の持ち去りが禁止されてから2年が経つ。条例に基づき、市職員が市内を巡回して禁止行為に対する注意と啓発を続けたところ、一定の効果は見られているようだ。

 条例改正によって禁止されたのは、市の指定業者以外が市内のごみ集積所や回収場所から資源ごみを持ち去る行為。見つかった場合、まず「注意・指導」を行い、複数回これを繰り返す中で悪質と認められた場合は「違反者」とみなして、「禁止命令書」を交付の上、20万円以下の罰金が科せられる。

 この条例に基づき、市職員が市内を巡回して持ち去りの有無を確認した結果、22年度は「注意・指導」の対象となったケースが102件あった。空き缶を物色するホームレスのほか、粗大ごみや電化製品などを車両で持ち去ろうとする者もいたが、「禁止命令書」の対象となる悪質なケースは、これまで一度も出ていないという。

 条例改正前は年200t以上の空き缶が持ち去られていたが、市の担当者によると、改正後は「一定の効果は出ている」という。一方で、条例改正の議論の中では、空き缶集めが「生業」となっているホームレスへの影響を危惧する声も上がっていた。市の担当部署にはホームレスから「空き缶が集まらなくて困る」といった相談は寄せられていないという。

 担当者は、「一部のホームレスは、集合住宅のごみ集積所から空き缶を譲り受ける代わりに、清掃の手伝いをするなどして、トラブルを回避しているようだ」と話している。

サマーセール開催中!

店内「宝飾品」「腕時計・目覚まし時計」20%オフ!

044-833-1573

<PR>

多摩区・麻生区版のローカルニュース最新6

ボッチャ、和気あいあい

ボッチャ、和気あいあい

パラ日本代表らが講師に

7月12日

PCとスマホ学ぶ

PCとスマホ学ぶ

シニア向け 参加者募集

7月12日

けん玉大会で関東連覇

西生田小6年半田圭賛さん

けん玉大会で関東連覇

8月全国での雪辱誓う

7月12日

『虎に翼』のパネル展

『虎に翼』のパネル展

13日から 多摩区役所で

7月12日

子どもの食相談、気軽に

子どもの食相談、気軽に

多摩区長沢で7月14日

7月12日

恒例の中野島音楽祭

恒例の中野島音楽祭

20日 地元演者のステージ 

7月12日

永代供養・合祀墓は4万円から

納骨にお困りの方「眞宗寺」の永代供養墓は後々の費用なし、生前申込・改葬代行

044-965-0965

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月28日0:00更新

  • 6月21日0:00更新

  • 6月14日0:00更新

多摩区・麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook