専修大学野球部の主将で、日本ハムへの入団が決まった森山 恵佑さん商学部4年 22歳

掲載号:2016年11月25日号

  • LINE
  • はてぶ

好調は一瞬「満足しない」

 ○…今春のリーグ戦、神宮球場のバックスクリーンに放った140メートル弾がスカウトの目にとまり、母校の先輩・松井秀喜さんにちなみ「ゴジラ二世」とも称される。「野球を始める前から、プロは憧れの存在。長打とホームランを量産できる打者として、1軍定着を目指したい」

 〇…生まれは富山県。地元高校の野球部出身だった父親と9歳年上の兄のもと、小5のとき少年野球チームへ。左投げ左打ちの投手として頭角を現し、中学時代、石川県の星稜中学校を相手に無安打無得点試合を達成。指導者の耳に入り、星稜高校への道が開けた。プロへの道が具体化し始めた当時、「甲子園に行けたらプロ志望届を出そう」と決めたが、3年最後の夏は県大会決勝で敗れ、あと一歩で涙を飲んだ。

 〇…専修大学に進学後、2年時に就任した齋藤正直監督の「打ちたかったら俺についてこい」の一言で、心が動かされた。「(野球人生を)一度白紙にした」。打者転向後は経験のなさを必死に埋めようと、「いい結果は一瞬の喜び。現状に絶対満足しない」を合言葉に、上だけを見て練習に没頭。昨秋の新チーム始動時は主将の指名を受け、翌春の新入生を含め約130人の大所帯をまとめるリーダーになった。注力したのは「後輩に気をつかわせないように、学年に関係なく気持ちよく野球できる環境づくり」。大学最後の秋季リーグは「下級生たちの力を借りて1部に残留できた」と充実感をにじませる。

 〇…4年間通った多摩区の生田キャンパスは、どことなく思い入れがある。「自然が多くて、故郷に似ていて落ち着く。都会よりはこっちの方が好き」。自営業で農家も営む実家に帰ると、自家製コシヒカリを食べるのが密かな楽しみだ。「母が作る料理は米一粒も残すな、というのが父の教え」といたずらっぽく笑う。ずっと支えてくれた指導者や仲間、家族への感謝を胸に、北の新天地へ旅立つ。

  • LINE
  • はてぶ

多摩区版の人物風土記最新3件

  • 中島 正貴さん

    2018年度県優良小売店舗表彰を受賞した「メガネナカジマ」の代表を務める

    中島 正貴さん

    中野島在住 40歳

    12月7日号

  • 田村 潤さん

    下布田小学校創立40周年記念事業実行委員長を務めた

    田村 潤さん

    中野島在住 53歳

    11月30日号

  • 村野 正明さん

    多摩区など5区にまたがる、県社会保険労務士会川崎北支部の支部長を務める

    村野 正明さん

    宮前区在住 53歳

    11月23日号

「バンバンなら私もいける!」

向ヶ丘遊園駅南口【ポラリス】12月7日(金)16時~リニューアルオープン!

http://www.prime777.co.jp/

<PR>