中原区版 掲載号:2011年3月18日号
  • googleplus
  • LINE

(社)神奈川県宅地建物取引業協会で女性初の支部長になった 横山 好子さん 区内市ノ坪在住 69歳

ボランティア精神で業界を牽引

 ○…中原区と幸区を中心に約300の不動産業者で構成されている(社)神奈川県宅地建物取引業協会の川崎中支部長に就任してもうすぐ1年。中原警察署と地域安全に関する協定を結び、防犯協会にも加盟と地域に根付いた活動を進める。「良いものは残しつつ、新しいものをどんどん取り入れて地域と業界の関係を深めていきたい」と抱負を語る。外国人の入居支援にも力を入れ、「文化の違う外国人への賃貸を敬遠する大家さんもいるが、日本人が海外に行くのと同じこと。温かい目で見てあげなくては」と協会が間に入り、入居につなげていくつもりだ。

 ○…45歳までは普通の主婦だった。少し違うのは約15ものボランティアをやっていたこと。「主人はいくつやっても反対しなかった。しゅうとは私がボランティアで外出するときは子どもたちのご飯の支度をしてくれたんです」と家族の理解なしにはできなかったと話す。「ボランティアはいろいろな人と知り合え、様々な活動にたずさわれるから楽しい。自分の財産になる」

 ○…転機は約20年前に最愛の夫を亡くしたこと。しかし、息子が跡を継ぐと決意したため、成長するまで家業の不動産業を継ぐことを決めた。次第にボランティアで培われた活動力が周囲から評価され、協会での様々な仕事を任されるようになった。「でも支部長になるなんて思ってもいなかった。約1年たち、やっと流れが分かってきたところ。1つ1つが勉強。一歩一歩進んで行きたい」

 ○…長男家族と三男との5人暮らし。趣味は旅行。年に十数回、伊豆や北海道のお気に入りの旅館に出掛けている。「良いサービスを受ける方法は女将さんと仲良くなること。クレームをつけるわけではなく、良いことも悪いことも素直な意見として話すことが関係を作る上で大切。それは全ての人間関係においても言えるのかも」。周りへの配慮と感謝の気持ちで業界を牽引していくつもりだ。
 

中原区版の人物風土記最新6件

田口 ひろ子さん

多胎児交流会を行う「双子支援ピーナッツ」の代表を務める

田口 ひろ子さん

3月16日号

熊田 司郎さん

街角の風景を水彩画で描き続け、地元で水彩画展を開催する

熊田 司郎さん

3月9日号

橋本 哲夫さん

川崎市ラグビーフットボール協会の会長を務める

橋本 哲夫さん

3月2日号

長谷川 竜也さん

川崎フロンターレのMF(ミッドフィルダー)としてプレーする

長谷川 竜也さん

2月23日号

徳永 友一さん

1月スタートのTVドラマ『海月姫(くらげひめ)』の脚本を手掛ける

徳永 友一さん

2月16日号

鈴木 大さん

第72回市町村対抗「かながわ駅伝」川崎市選抜チームの監督に就任した

鈴木 大さん

2月9日号

中原区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク