中原区版 掲載号:2011年6月17日号
  • googleplus
  • LINE

土砂災害警戒マップ配布へ 避難体制の整備、意識啓発が目的

まちづくり委員会で報告されたハザードマップ(案)
まちづくり委員会で報告されたハザードマップ(案)

 川崎市は、土砂災害防止法に基づいて神奈川県が警戒区域に指定した区域を示したハザードマップを7月下旬から配布する。区別にまとめられ、集中豪雨などで崖崩れが起きやすい区域を示した。市民の避難体制の整備や災害に対する意識啓発を図りたい考え。

 資料によると、2000年から09年までの10年間で、神奈川県内で発生した土砂災害は793件。1149件の新潟県に次いで全国の都道府県の中で2番目に多く発生している。

 同法は、土砂災害の恐れのある区域に関する危険の周知を図り、開発行為の制限や建築物の構造を規制するのが目的。都道府県知事が、急傾斜地の崩壊や土石流、地滑りの恐れがある区域を「土砂災害警戒区域」に指定し、市町村長が情報伝達や警戒避難体制の整備を図るものとしている。

 そのため、川崎市ではハザードマップづくりに着手。今月6日の川崎市議会まちづくり委員会で完成したマップ(案)が報告された。

市内で711区域

 市内で警戒区域に指定されたのは711区域。丘陵地に囲まれた北部ほど多く、麻生区が最も多い282区域。南部ほど少なく、川崎区の指定区域はなかった。中原区は井田2丁目と3丁目に集中している。

 警戒区域に指定された区域では、自力避難が困難な高齢者や障害者などの災害時要救護者が利用する施設に対して警戒避難の伝達方法を定める方針。区域内の宅地や建物を売買する時は宅地建物取引業者に対して説明を義務づけた。

 ハザードマップはB1サイズ。警戒区域を示しているほか、災害時要救護者関連施設や防災関係機関、救急医療機関の位置を落とし込んでいる。
 

中原区版のトップニュース最新6件

中原区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク