中原区版 掲載号:2011年7月29日号
  • googleplus
  • LINE

国際ロータリー第2590地区(横浜・川崎)の新年度ガバナーに就任した 上澤 摩壽雄(かみさわますお)さん 横浜市鶴見区在住 70歳

みんな磨けば光る原石

 ○…世界各地で人道的な奉仕活動などを行う国際団体『ロータリークラブ』(RC)。横浜と川崎にある62クラブが所属する第2590地区をまとめるガバナーに、7月1日付で就任した。「相撲で言えば立ち会い」。2年ほど前から今年度の就任が決まっており、そのためのセミナーなどを受けてきた。「土俵下で精神を整え、塩をまき気持ちを高める。いよいよ始まるという思い。心身ともに良い状態で臨む」と意欲を燃やす。 ○…新潟県生まれ。横浜市に兄弟がいたこともあり、1969年から鶴見区で不動産業を営み42年。同業種が集まる社団法人全国宅地建物取引業協会連合会では、様々な役職を歴任。その実績が称えられ、03年には黄綬褒章を受章した。RCへの入会は78年のこと。知人の紹介で横浜鶴見北RCに入ったものの、「初めは何の団体かよくわかっていなかった」と笑う。

 ○…腰を痛めてやめるまでは、ゴルフと釣りが趣味だった。最近は、妻と2人で1泊2日くらいの旅行に出かけるのが息抜き。「電車に揺られながら、本を読むのが好き」と表情を和らげる。だが、ガバナーとなった今年は、全62クラブを訪問するなど多忙を極めるため、「任期中の1年は我慢しないと。睡眠をよくとって、お酒も控えめに」と苦笑する。

 ○…「ガバナーは、国際RCの会長の思いを伝えるのが役目だが、押し付けることはしない」。地区内のロータリアンは、約2350人。「それぞれが職業を持ち、地域も横浜や川崎で違う。十人十色。人が多いと力強さも生まれるが、足並みが揃わないことも多い」。それでも奉仕という精神のため、まずは自分の職業を全うすることが社会奉仕につながるという原点を伝えていくつもりだ。「人間自身を高めることが何よりも大切。みんな原石の時代があって、みんな磨けば光る。完璧な人間はいないから、私もまだまだ磨いていく」。そう言って微笑んだ。
 

中原区版の人物風土記最新6件

田口 ひろ子さん

多胎児交流会を行う「双子支援ピーナッツ」の代表を務める

田口 ひろ子さん

3月16日号

熊田 司郎さん

街角の風景を水彩画で描き続け、地元で水彩画展を開催する

熊田 司郎さん

3月9日号

橋本 哲夫さん

川崎市ラグビーフットボール協会の会長を務める

橋本 哲夫さん

3月2日号

長谷川 竜也さん

川崎フロンターレのMF(ミッドフィルダー)としてプレーする

長谷川 竜也さん

2月23日号

徳永 友一さん

1月スタートのTVドラマ『海月姫(くらげひめ)』の脚本を手掛ける

徳永 友一さん

2月16日号

鈴木 大さん

第72回市町村対抗「かながわ駅伝」川崎市選抜チームの監督に就任した

鈴木 大さん

2月9日号

中原区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク