中原区版 掲載号:2011年7月29日号
  • googleplus
  • LINE

フロンターレ スタッフ執筆の本が脚光 スポーツビジネス・地域活性を指南

著書を手にする天野春果さん印税はスポーツを通じた東日本大震災被災地支援活動に役立てるため全額寄付される
著書を手にする天野春果さん印税はスポーツを通じた東日本大震災被災地支援活動に役立てるため全額寄付される

 地域密着を掲げ、様々なプロモーション活動を展開するサッカーJリーグ・川崎フロンターレ。同クラブは「試合の勝敗に左右されないクラブ作り」を方針にファンの拡大に力を注ぐ。このほど、同クラブのスタッフが15年の経験をもとに、スポーツの持つ可能性を訴えた本を執筆し、脚光を浴びている。

 本のタイトルは『(スポーツでこの国を変えるために)僕がバナナを売って算数ドリルをつくるワケ』。6月17日に発売され、一週間足らずで早くも重版が決まり、売れ行きは上々のようだ。

 著者の天野春果さんは川崎フロンターレに入社して今年で15年目。これまで様々なプロモーション活動の仕掛け人として知られる。昨年9月に執筆依頼を受け、フロンターレでの取り組みに一定の考え方がまとまったことから、出版に踏み切った。

 同書では川崎市唯一の相撲部屋、春日山部屋とのつながりから共同企画に至るまでの経緯や本のタイトルのバナナを使った企画をはじめ、自身がこれまで手がけてきたプロモーション活動について、エピソードを交えながら紹介。この中で天野さんは「クラブ作りの鍵を握るのは行政、街、スポンサー、サポーター、ボランティアなどとのつながり」。「集客の鍵は郷土愛にある」と、「スポーツを活用し、街を豊かにする」ことの大切さを訴える。

 近年、日本の大学や専門学校ではスポーツビジネスが花盛りだが、大概はいわゆる移籍金や放映権といった話題ばかり。天野さんから見ると、こうした話題は「スポーツビジネスのほんの一部に過ぎない」と言い切る。むしろクラブ経営は「泥にまみれながら手間暇をかけてじっくり作物を育てる有機農業に近いものである」と強調し、日本におけるスポーツビジネスへの認識を変えてもらうためにも出版したのだとも語る。小学館から1470円(税込)で発売中。
 

中原区版のローカルニュース最新6件

西宮下し6連勝

サンダース

西宮下し6連勝

3月16日号

回復への支援に感謝

ツアーで商店街を堪能

車椅子2台を寄贈

川崎北法人会

車椅子2台を寄贈

3月16日号

小原孝ピアノコンサート

「なかパラ」に集まれ

中原区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク