中原区版 掲載号:2011年8月26日号
  • googleplus
  • LINE

平間公園 県内最高の放射線量 腐葉土の集積で蓄積か

プールは19日から中止
プールは19日から中止

 川崎市は18日、区内平間公園内にある児童プール脇の腐葉土集積所で文科省が定める安全基準値を超える放射線量0・90マイクロシーベルトを確認。また、放射線物質「放射性セシウム」を腐葉土1キログラムあたり1万2400ベクレル検出した。

 高い放射線量を計測した腐葉土集積所は、同公園児童プールの更衣室などがある管理棟のすぐ脇。

 同場所を自主測定していた市民団体「ピース・アンド・スマイル・プロジェクト・カワサキ」の連絡を受け、市が腐葉土や大気を測定したところ発覚した。

 今回の測定では地上5cmの場所で文科省が「健康に心配ない安心できる数値」として定める基準値(1時間当たり0・19マイクロシーベルト以下)を超える0・90マイクロシーベルトを計測。腐葉土からは、環境省が埋め立て処分可能な基準値として定める8000ベクレルを超える1キログラム当たり1万2400ベクレルの放射性セシウムを検出した。県内で計測された大気中の放射線量としては最高だと県危機管理対策課はいう。

 市では今月19日からプールの利用を中止。今後は飛散防止を図るとともに、専門家と協力し撤去作業等を行う予定という。「出来るだけ早く移して人に触れないようにしたい」と公園管理課は話す。

 今回、最初に計測した市民グループ「ピース・アンド・スマイル・プロジェクト・カワサキ」代表の須藤有紀さんは、「近くには小学校があり、子どもにも身近な場所。早急な対応をしてほしい」と求める。

 川崎市では先月、市内447ヵ所で放射線量の測定を行い、いずれの場所も0・19シーベルトを下回る結果だった。しかし今回の放射線量とセシウム検出は、公園の落葉などが集められていた腐葉土の集積所であり、市では「放射線は薄く広がっている状況。それが1箇所に集まったことにより高い数値が出たのではないか」と推測している。

 尚、このような腐葉土集積所は市内に約100ヵ所あるとされ、市では随時調査を行なっていくという。
 

中原区版のトップニュース最新6件

藤嶋氏が名誉市民に

街路灯に、長寿命のLED

小杉若葉通り会

街路灯に、長寿命のLED

3月16日号

人種差別条例に刑事罰を

市民団体

人種差別条例に刑事罰を

3月9日号

気分はカー娘「そだねー」

高齢化で70代1.4倍

民生委員

高齢化で70代1.4倍

3月2日号

70周年で「大同窓会」

西中原中

70周年で「大同窓会」

3月2日号

中原区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク