中原区版 掲載号:2012年1月27日号
  • googleplus
  • LINE

小杉の街 他県も注目 姫路市が新駅設置に向け視察

松本会長(前列中央右)と姫路市職員ら
松本会長(前列中央右)と姫路市職員ら

 姫路市内を走る山陽線に新駅が出来ることになった姫路市が、一昨年横須賀線新駅が開通した小杉周辺のまちなみや、地域課題などを視察するための「新駅視察説明会」が今月19日、市民館で行われた。主催は川崎市まちづくり局。

 元新駅設置促進協議会会長で武蔵小杉周辺再開発協議会会長でもある松本等さんが小杉の将来的な展望や地域住民とのコミュニティについて説明した。姫路市から参加したのは市の職員や市議会議員ら13人。小杉の展望に感心しながらも、新駅が誕生したことによる周辺駅の影響や、ごみ、放置自転車など地域の問題について多くの質問が寄せられた。

 松本会長は「姫路市の方々が川崎に興味を持っていて驚いた。姫路市の新駅が素晴らしい駅に仕上がりその付近の街が繁栄することをお祈りしたい」と話した。
 

子ども達に「家庭」という環境を

家族と暮らせない子どものための「養育里親」説明会開催。NPO法人キーアセット

http://www.keyassetsnpo.jp/

<PR>

中原区版のローカルニュース最新6件

中原区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

在宅療養について考える

在宅療養について考える

中原区がシンポジウム

2月24日~2月24日

中原区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク