中原区版 掲載号:2012年1月27日号
  • googleplus
  • LINE

川崎フロンターレ ひとみ座とコラボ 市内の小学校や等々力競技場で人形劇

スポーツ

キャラクターの人形劇
キャラクターの人形劇

 サッカーJ1リーグの川崎フロンターレと区内井田の人形劇団『ひとみ座』(藤川和人代表)がコラボレーションすることとなった。今月22日に行われた、フロンターレの新体制発表会見で明らかになったもの。

 同劇団はNHKの「ひょっこりひょうたん島」を手掛けたことでも有名。フロンターレは地域と連携した活動を行っており、同劇団がフロンターレの後援会員から要望をうけたことがきっかけで今回のコラボが実現した。

 川崎市内の小学校で人形劇による読書の啓発を行っていく。フロンターレは読書推奨事業を実施しており、選手による小学校や図書館での「おはなし会」やオリジナル紙芝居の制作を行ってきた。同劇団では「紙芝居でやっていたものなどを立体の人形劇でできたら。選手が子どもに本を読んでいる場などで一緒にやっていきたい」としている。

 ほかにも、一人でも多くの人が座って観戦できるように、等々力競技場内での席つめ活動(通称席ツメ隊)をしていく。現時点で予定されているホームゲーム全20試合で人形が登場し、観戦マナーをうったえる。

 新体制発表会見では、ひとみ座の藤川代表らがフロンターレのマスコットキャラクターである「ふろん太」らの人形で寸劇を披露。その可愛さと動きに子どもや女性から大歓声を受けた。同劇団は「ひとみ座はフロンターレと同じで中原区が本拠地。スポーツと文化の分野で協力して、一緒に川崎を盛り上げていきたい。子どもも多いので喜んでもらえたら」と話している。
 

子ども達に「家庭」という環境を

家族と暮らせない子どものための「養育里親」説明会開催。NPO法人キーアセット

http://www.keyassetsnpo.jp/

<PR>

中原区版のトップニュース最新6件

「空き家」判定に640軒

川崎市

「空き家」判定に640軒

2月16日号

条例制定に向け集会

反ヘイト市民団体

条例制定に向け集会

2月16日号

子ども、経済活性に注力

川崎市予算案

子ども、経済活性に注力

2月9日号

「町内会長の負担減」大賞に

中原区役所地域振興課

「町内会長の負担減」大賞に

2月9日号

高校生 初の議員体験

川崎市議会

高校生 初の議員体験

2月2日号

今月、協議会発足へ

キングスカイフロント

今月、協議会発足へ

2月2日号

中原区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

在宅療養について考える

在宅療養について考える

中原区がシンポジウム

2月24日~2月24日

中原区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク