中原区版 掲載号:2012年1月27日号
  • googleplus
  • LINE

川崎直下型地震に備え 防災シンポジウム

被災地の状況を語る高田氏
被災地の状況を語る高田氏

 川崎市と川崎市自主防災組織連絡協議会主催の「防災シンポジウム」が今月19日、川崎市総合福祉センター大ホールで開催された。

 防災シンポジウムは、阪神・淡路大震災を契機に制定された「防災とボランティアの日(1月17日)」及び「防災とボランティア週間(1月15日から21日)」にちなんで、市民及び職員の防災意識の高揚と地域防災力の向上を図ることを目的として毎年1月に行われている。今年は、「東日本大震災から学ぶ〜川崎市直下地震への知識と備え、被災地での体験〜」をテーマに開かれた。

 第一部では、川崎市防災対策検討委員会委員の加藤孝明氏が、震災時における「自助」「共助」「公助」の役割やあるべき姿について語った。

 第二部では、川崎市防災インストラクターの高田明彦氏が、被災地に訪問し救護活動を通して感じたことを写真とともに話した。また、保険医療チームとして被災地に派遣された区役所保健福祉センター地域保健福祉課の西野利子課長は、被災者の感染症やライフスタイルなど、保健・健康相談支援業務を担当し、感じたことを報告した。
 

子ども達に「家庭」という環境を

家族と暮らせない子どものための「養育里親」説明会開催。NPO法人キーアセット

http://www.keyassetsnpo.jp/

<PR>

中原区版のローカルニュース最新6件

中原区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

在宅療養について考える

在宅療養について考える

中原区がシンポジウム

2月24日~2月24日

中原区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク