中原区版 掲載号:2012年2月3日号
  • googleplus
  • LINE

手話を交え安全講習 聴覚障がい者らが参加

社会

手話通訳に目をむける
手話通訳に目をむける

 聴覚障がい者に対する交通安全教育講習会が先月21日、中原警察署で行われた。主催は川崎市聴覚障害者情報文化センター。

 市内在住の聴覚障がい者49人が参加。市内で起きた事故の特徴や事例、聴覚障がい者が運転できる車種の拡大がなされる4月の法改正についての講習を実施。

 初めて講習会に参加する人も多く、手話通訳と画面を熱心に見てメモをとる姿が見られた。質疑応答では、法改正や事故に遭遇した時の対処方法、メール110番などについての質問が出ていた。同センターでは「今後も中原署とお互いの理解を深めて、継続して交流していきたい」と話していた。
 

子ども達に「家庭」という環境を

家族と暮らせない子どものための「養育里親」説明会開催。NPO法人キーアセット

http://www.keyassetsnpo.jp/

<PR>

中原区版のローカルニュース最新6件

中原区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

在宅療養について考える

在宅療養について考える

中原区がシンポジウム

2月24日~2月24日

中原区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク