中原区版 掲載号:2012年5月18日号
  • googleplus
  • LINE

等々力陸上競技場 工事期間中も試合開催 仮設スタンドを建設し対応

スポーツ

改築予定のメインスタンド
改築予定のメインスタンド

 等々力陸上競技場の整備に関する説明会が先月28日、同競技場で開催され、メインスタンドの改築スケジュールが発表された。工事期間中も使用するため、仮設スタンドを設置し対応する。

 説明会ではメインスタンド改築工事の特徴や工程などが発表された。改築工事期間中も観客席や運営諸室・設備を確保し、Jリーグの試合や陸上競技大会を開催するため、仮設スタンドを設置する。今年12月のJリーグシーズン終了後に着工し、来年3月のシーズン開幕までの完成を予定。立川ハウス工業株式会社厚木営業所が落札した。

 仮設スタンドの収容規模は約500人と発表(現在は3400人)され、屋根はない。メインスタンドが完成するまでの最低2年間は使用されることとなる。3月の開幕までに完成しなかった場合は、代替競技場での開催も考えられる。市では「開幕に間に合うように、なるべく早く完成させたい」としている。

10月に本契約

 メインスタンドの改築は「照明設備を遮らない」「芝の育成環境を確保する」といった条件をクリアする必要があり、設計段階から施工上の課題を踏まえた設計が可能な、設計・施工の一括受注としている。

 すでに入札公告が行われ、7月下旬には落札者を決定する。10月に本契約し、年末から年明けにかけて基本設計・実施設計をする。2013年4月から既存スタンドの解体工事が行われ、9月から本体工事に取りかかる。2015年2月に引き渡し、6月完成予定。

 収容規模は約1万人となり、観客席上部の全てを覆う屋根も設置される。試合がない時も多目的に1000人程度が利用できるスペースも確保するという。

 なお、同競技場は老朽化が指摘され、サポーターらからなる「全面改修を推進する会」により22万1216の署名が集まるなど、改修を求める動きが活発化していた。市議会で請願が採択され、「川崎再生フロンティアプラン」の計画にも盛り込まれている。昨年11月には「等々力陸上競技場整備計画」が策定された。
 

子ども達に「家庭」という環境を

家族と暮らせない子どものための「養育里親」説明会開催。NPO法人キーアセット

http://www.keyassetsnpo.jp/

<PR>

中原区版のトップニュース最新6件

「空き家」判定に640軒

川崎市

「空き家」判定に640軒

2月16日号

条例制定に向け集会

反ヘイト市民団体

条例制定に向け集会

2月16日号

子ども、経済活性に注力

川崎市予算案

子ども、経済活性に注力

2月9日号

「町内会長の負担減」大賞に

中原区役所地域振興課

「町内会長の負担減」大賞に

2月9日号

高校生 初の議員体験

川崎市議会

高校生 初の議員体験

2月2日号

今月、協議会発足へ

キングスカイフロント

今月、協議会発足へ

2月2日号

中原区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

在宅療養について考える

在宅療養について考える

中原区がシンポジウム

2月24日~2月24日

中原区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク