中原区版 掲載号:2012年5月18日号
  • googleplus
  • LINE

"子ども警察"が防犯イベント ブレーメン通り商店街で

社会

制服を着てポーズを決める
制服を着てポーズを決める

 こどもの日にちなんだイベント「ぼくらは、龍になる」が5月6日、モトスミ・ブレーメン通り商店街で行われた。主催は同商店街振興組合(伊藤博理事長)。

 故事の「鯉は清流を遡り、やがて天にのぼって龍になる」から、ブレーメン通りを川に見立て、子どもたち(鯉)が立派な大人(龍)になるまで、この環境(防犯・安全)を守っていこうと開催した。

 子どもによる防犯パトロールや鯉のぼりづくり、防犯グッズの配布、キッズポリスの写真撮影、ステージイベントなどが行われた。

 防犯パトロールでは子どもたちが警察官の制服を着て、同商店街青年部の防犯ガーディアンズとともに商店街を練り歩いた。

 ミニ白バイも登場し、子どもがバイクに乗った姿を写真に撮る親たちが多く見られた。中原警察署生活安全課の金野利信課長は「子どもたちが制服姿で歩くことによって、商店街の人たちも注目してくれた。より一層防犯への意識を持ってくれたら」と話した。
 

子ども達に「家庭」という環境を

家族と暮らせない子どものための「養育里親」説明会開催。NPO法人キーアセット

http://www.keyassetsnpo.jp/

<PR>

中原区版のローカルニュース最新6件

中原区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

在宅療養について考える

在宅療養について考える

中原区がシンポジウム

2月24日~2月24日

中原区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク