中原区版 掲載号:2012年5月18日号
  • googleplus
  • LINE

川崎市 普通ごみ週2回収集へ 5月28日まで意見募集

 川崎市はこのほど、持続可能な循環型社会をめざす「一般廃棄物処理基本計画」の行動計画改定案を発表した。普通ごみ収集を現行の週3回から2回へ変更することやプラスチック製容器包装分別収集の全市展開など、4項目を最重点施策として位置付け。5月28日まで市民意見を募集している。

◇◇◇

 ごみの減量やリサイクルを目的とするこの基本計画は、市が2005年に策定。2015年度までの10年間でごみ焼却量を2003年度比で13万トン削減することなどを目標に、概ね3年ごとに行動計画の見直しを行っているもの。

 今回の改定案では【1】3処理センター体制への移行【2】プラスチック製容器包装の分別収集の全市実施【3】普通ごみの収集回数の見直し【4】災害時における安全・安心な廃棄物処理体制の確立――の4つを最重点施策に位置づけている。

 焼却処理センターについては現在の4施設(浮島、堤根、橘、王禅寺)のうち、老朽化した橘を休止、建設中として2015年度から通常3施設での処理体制をめざす。あわせて、すでに南部3区でモデル実施しているプラスチック容器包装の分別収集を2013年度から全市展開と普通ごみの収集を現行の週3回から2回に変更することにより、ごみの減量化や資源化の促進に取り組む方針。また、東日本大震災の教訓を活かし、広域的な協力体制の拡充など災害対策の強化なども柱の1つとなっている。

 改定案は市役所、各区役所、ホームページなどで公表中。市民意見は5月28日までメール、郵送、持参などで募集している。

 問合せは、環境局生活環境部廃棄物政策担当【電話】044・200・2558まで。
 

子ども達に「家庭」という環境を

家族と暮らせない子どものための「養育里親」説明会開催。NPO法人キーアセット

http://www.keyassetsnpo.jp/

<PR>

中原区版のトップニュース最新6件

「空き家」判定に640軒

川崎市

「空き家」判定に640軒

2月16日号

条例制定に向け集会

反ヘイト市民団体

条例制定に向け集会

2月16日号

子ども、経済活性に注力

川崎市予算案

子ども、経済活性に注力

2月9日号

「町内会長の負担減」大賞に

中原区役所地域振興課

「町内会長の負担減」大賞に

2月9日号

高校生 初の議員体験

川崎市議会

高校生 初の議員体験

2月2日号

今月、協議会発足へ

キングスカイフロント

今月、協議会発足へ

2月2日号

中原区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

在宅療養について考える

在宅療養について考える

中原区がシンポジウム

2月24日~2月24日

中原区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク