中原区版 掲載号:2012年6月22日号

中原区新城ダンウェイ(株)

障害者に就労の場を

専用HPソフトを開発

同社の社員ら
同社の社員ら

 区内新城で就労支援を行っているダンウェイ(株)(高橋陽子代表)は、大手半導体メーカーインテル(株)と協働で障害者がホームページを制作できるソフトを開発した。このソフトを使った同社の事業展開が、障害者の自立に貢献するとして、このほど市の「かわさき起業家大賞」にも選ばれた。

 今回開発されたソフトは「ICT治具(じぐ)」と名付けられ、加工や組み立ての際に分かりやすく誘導する器具の総称である治具の発想が組み込まれており、ホームページの制作に必要な作業をソフトの手順に沿って行えばパソコン特有の専門プログラムを使わなくても、ホームページが完成する仕組みになっている。数字や信号機のカラーで誘導するため作業がわかりやすく、写真や文章など工程を分業すれば、一人ひとりの能力に合わせて作業が出来る。ダンウェイがソフトの操作方法などを企画し、インテルがソフトウェア化を担った。インテル(株)イノベーション事業本部江頭靖二統括部長は「障害のある人にとってICT機器などはまだまだ使いづらく活用できていない。今回ダンウェイと協力して作ったICT治具が障害を持つ方の可能性を広げ、生活の向上に繋がることを期待している」とコメント。

 ソフト開発の背景には、障害者の厳しい就業状況がある。厚労省によると障害者の15歳から64歳で就業しているのは約24%で、76%が就業していないか、保護的な環境で仕事をする福祉的就労者だという。高橋代表は「将来を見据えた際に、障害者の働力は重要なものになる。地域や社会で活躍できるチャンスを作りたかった」と話している。

 ダンウェイ(株)は2011年1月に設立。発達障害の子どもをもち、これまでに社会的弱者がスムーズに社会参加できるように「ひまわり〜ノーマワールドの会」の代表としてボランティア活動を行ってきた高橋陽子さんが就労支援を目的に立ち上げた。元教師や福祉ボランティアの経験がある10人のスタッフが障害者の教育や企業とのマッチング、チラシやポスターの制作など就労を支援している。高橋代表は「今後も障害者が自立し正規雇用できるようサポートしたい。自立できることが証明できるようあえて結果が求められる法人にしましたしね」と話した。
 

中原区版のトップニュース最新6件

川崎 全日本で準V

バスケ男子

川崎 全日本で準V

1月20日号

救急出場8年連続増加

川崎市

救急出場8年連続増加

1月20日号

「不登校の子の親を支えたい」

元教諭の竹内春雄さん

「不登校の子の親を支えたい」

1月13日号

川崎球場の名場面懐かしもう

観光ツアー  1000通り準備

黒岩知事インタビュー

観光ツアー 1000通り準備

1月6日号

区民満足度向上を目指す

新春インタビュー

区民満足度向上を目指す

1月6日号

音楽とダンスの祭典

中原区音楽ライブ「インユニティ」開催

http://www.city.kawasaki.jp/nakahara/page/0000087764.html

<PR>

関連記事(ベータ版)

中原区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年1月19日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク