中原区版 掲載号:2012年11月16日号
  • googleplus
  • LINE

児童の「お掃除好き」に一役

プロの技・気持ちに感心
プロの技・気持ちに感心

 ビルの清掃やハウスクリーニングなどを手掛ける(株)アイ・ビー・エス(中原区上丸子八幡町)が2日(金)、麻生区の柿生小学校でボランティアの掃除教室を行った。参加したのは5年生と担任ら約110人。ほうき掃きや雑巾かけ、窓ガラスの拭き方など技術面の他、掃除を行うことで感じる達成感やゴミがないことによる爽快感などを分かりやすく説明した。

 事前の質問では、ほとんどの児童が「そうじが苦手」と応えていたが、この教室の後には「掃除が好きになった」と笑顔で話す姿が多く見られた。

 (株)アイ・ビー・エスがこうしたボランティアを始めたのは2年前から。市内小学校の家庭科教師から「掃除の仕方を子どもたちに教えてほしい」との要望があったことがきっかけ。初めて幸区の小学校でこの清掃教室を開いたところ、教師からも予想以上の反応があり、その後も市内6校計10回ほど実施しているという。

 矢野社長は「掃除の仕方より、まず掃除を楽しんでやってもらうことが第一。少しでも地域貢献になれば嬉しい。今後ももし要望があれば、出向いて教室を行っていきたい」と話した。
 

子ども達に「家庭」という環境を

家族と暮らせない子どものための「養育里親」説明会開催。NPO法人キーアセット

http://www.keyassetsnpo.jp/

<PR>

中原区版のローカルニュース最新6件

中原区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

在宅療養について考える

在宅療養について考える

中原区がシンポジウム

2月24日~2月24日

中原区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク