中原区版 掲載号:2012年11月23日号
  • googleplus
  • LINE

放射性物質含む焼却灰 来春、浮島に埋め立てへ 保管所が満杯の見通し

 川崎市は6日、放射性物質が検出されたごみ焼却灰の飛灰を川崎区浮島に試験的に埋め立てると発表した。一時保管場所が満杯となるための措置。溶出を抑制するため、ゼオライトを使うという。来年4月に埋め立てを開始したい考え。

 昨年3月に福島第一原発の事故が発生して以降、市内のごみ焼却灰と下水汚泥焼却灰から放射性物質が検出されている。昨年5月には下水汚泥焼却灰から最大で1キロあたり1万3200ベクレルを検出し、ごみ焼却の飛灰(ばいじん/集じん器で捕集した排ガスに含まれるダスト)からは昨年7月に1キロあたり2530ベクレルを検出した。

 市はこれまで、ごみの焼却で発生した主灰(燃え殻)は海面埋め立てしてきたが、放射性物質が濃縮される飛灰と下水汚泥焼却灰は浮島に一時保管してきた。しかし、両方合わせて1日42トンのペースで焼却灰が増えるため、来年3月で満杯になる見通しとなった。

 こうした状況を受けて市は埋め立てに踏み切る。ごみ焼却施設で発生した飛灰に、セシウムを吸着させるゼオライトを添加し、溶出を抑制する対策を施す。下水汚泥焼却灰は水中で安定化を図るために固化する方針で、有識者委員会の検討を踏まえて実施するという。

 下水汚泥焼却灰の処理を巡っては、横浜市が埋め立てする方針から一転、「凍結する」と発表。住民や港湾、漁業関係者の反発を受けて発表からわずか5日で方針転換を図った経緯がある。

 市環境局では「議会で説明して論議していく。今後、関係団体や地元住民に説明していきたい。具体的にはこれから検討する」としている。ただ、市民からの意見や要望を受け付けるパブリックコメントは実施しないとしている。
 

子ども達に「家庭」という環境を

家族と暮らせない子どものための「養育里親」説明会開催。NPO法人キーアセット

http://www.keyassetsnpo.jp/

<PR>

中原区版のトップニュース最新6件

「空き家」判定に640軒

川崎市

「空き家」判定に640軒

2月16日号

条例制定に向け集会

反ヘイト市民団体

条例制定に向け集会

2月16日号

子ども、経済活性に注力

川崎市予算案

子ども、経済活性に注力

2月9日号

「町内会長の負担減」大賞に

中原区役所地域振興課

「町内会長の負担減」大賞に

2月9日号

高校生 初の議員体験

川崎市議会

高校生 初の議員体験

2月2日号

今月、協議会発足へ

キングスカイフロント

今月、協議会発足へ

2月2日号

中原区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

在宅療養について考える

在宅療養について考える

中原区がシンポジウム

2月24日~2月24日

中原区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク