中原区版 掲載号:2012年12月14日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

「入れ歯グラグラ」は危険? ゴロー先生の診療日誌【2】

 「グラグラして噛みづらい」「すぐ取れてしまう」。入れ歯の不具合を感じながらも使い続ける中高年は少なくない。

 高津区北見方・オーキッド歯科クリニックのゴロー先生(橋村吾郎理事長)はそんな状態に危機感を覚えている。「入れ歯を合わないまま使用していると、健康面はもちろん、顔つきや体型まで変わってきてしまいます。急に体の変化が起きるわけではないので、危険なことという認識がうすい方が多いですね」と話す。

インプラントを使った義歯、技法

 同院では入れ歯が安定しない患者に対して、主に”2つの手法”を提示している。ひとつが「インプラントオーバーレイデンチャー」というインプラント義歯の技術。最低2本のインプラントで入れ歯を固定するため、通常の入れ歯より安定感が高いのが特徴だという。「歯茎が痩せ細っている場合は入れ歯を安定させることは困難。インプラントを使えば安定感が増します」とゴロー先生。

 もうひとつがインプラントの進化形技法「オールオンフォー」と呼ばれる技術だ。最少4本のインプラントだけで人工歯・歯肉を支え、総入れ歯使用者や多くの歯を失ってしまった人の”噛む機能””審美性”をほとんどの場合、3時間程度で取り戻すことを可能にする。そのため、受診者の身体的負担を抑えることが可能だ。

 ゴロー先生は「患者様一人ひとり、状態が異なるので、その方だけに合った手法をご案内していきたい」と話している。
 

オーキッド歯科クリニック(高津院)

高津区北見方2-16-1

TEL:044-322-0856

http://www.odc-3.com

子ども達に「家庭」という環境を

家族と暮らせない子どものための「養育里親」説明会開催。NPO法人キーアセット

http://www.keyassetsnpo.jp/

<PR>

中原区版のピックアップ(PR)最新6件

中原区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

在宅療養について考える

在宅療養について考える

中原区がシンポジウム

2月24日~2月24日

中原区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク