中原区版 掲載号:2014年4月4日号 エリアトップへ

市政レポート 災害時にできること 川崎市議会議員 原典之

掲載号:2014年4月4日号

  • LINE
  • hatena

 南海トラフ地震・首都直下型地震・富士山噴火等、様々な大規模災害が想定されております。

 さて、大規模災害が起きた際に、どのような行動を取りますでしょうか?

 まずは、自身の命の確保、そして家に居れば家族を、外出していれば周りを助けようと思うのは自然の流れかと思います。すなわち、自助・共助を最大限活かしながら、公助を待つものだと思います。

 その共助の観点からも平成26年度より3年間かけて、市内175カ所の小中学校などの避難所に消火ホースキットが配備されることになりました。

 以前より、自主防火活動等での実際にホースを使った放水体験(訓練)の有効性を訴えておりました。今回導入されるキットのホースは、通常(消防団・消防隊で使用)より口径が細い物で、より幅広い世代で使うことが可能になりました。

 「火事は最初の3分間」といった言葉もある通り、初期消火をするか否かで被害も大きく変わってきます。自主防災訓練においては、署からホースキットを借りて指導して頂くことも可能であり、購入についても補助制度がございます。

 沢山の訓練があり、各自主防災組織の御苦労も感じますが、この機会を活かし、道具の使い方、放水訓練を行ってみてはいかがでしょうか?

放水訓練の様子(左)とホースキット
放水訓練の様子(左)とホースキット

川崎市議会議員 原典之

TEL:044-711-5511

http://www.hara-nori.com

中原区版の意見広告・議会報告最新6

短期的台風対策に4億3千万円を計上

川崎市 下水道事業会計補正予算 市政レポートVol.10

短期的台風対策に4億3千万円を計上

川崎市議会議員 吉沢 直美

3月27日号

東京五輪聖火リレー等を盛り上げよう!

市政報告vol.57

東京五輪聖火リレー等を盛り上げよう!

川崎市議会議員 末永 直

3月13日号

「等々力プール」復活へ前進

市政レポート

「等々力プール」復活へ前進

自民党川崎市議団 原 典之

3月6日号

『市民のために追い続けるもの』

市政報告Vol.8

『市民のために追い続けるもの』

川崎市議会議員 松川正二郎

3月6日号

持ち去られる資源物、その金額は5年間で推計約2億3740万円

市政報告

持ち去られる資源物、その金額は5年間で推計約2億3740万円

川崎市議会議員 松原しげふみ

2月28日号

正念場を迎える等々力プール整備に向けて

市政レポートNo.121

正念場を迎える等々力プール整備に向けて

みらい川崎市議会議員団 おしもとよしじ

2月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月30日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年3月27日号

お問い合わせ

外部リンク