中原区版 掲載号:2014年7月25日号 エリアトップへ

災害の積み重ねを自主防災に生かす 中原消防署長 高嶋敏

掲載号:2014年7月25日号

  • LINE
  • hatena

 「マイナスの災害文化」という言葉を耳にしたことはありますか?実は人間は自分が経験した危険なことを軽視して人に伝えたり、都合の良いように話をしたりします。3年前の東日本大震災の際も同じことがありました。1933年の3月に岩手県で起きた昭和三陸地震の際に津波を経験し、「この場所より低いところに家を建ててはダメだ」と現地では伝わっていたはずなのに、時の経過と共に意識が薄れ、今回のような状況になりました。災害経験の積み重ねをプラスに生かし、被災を避け得る知識とすることが大事です。

 また災害では「自助」「共助」といった自主防災が必要不可欠です。死者57人負傷者5400人が出たアメリカノースリッジ地震では住民が訓練を重ね、セミプロ級の対応をし、放水や救助で活躍しています。地域住民の方々にも「生きる為には何が必要なのか」を考え行動できるように関心を持っていただきたいですね。

 今年度からは3ヵ年計画で区内の避難所28ヵ所に住民が使える消火ホースキットが配置されます。使い方の指導なども年明けから実施していきます。

中原区版のローカルニュース最新6

「中小企業支援」誓う

「中小企業支援」誓う 経済

川崎商議所が80周年

10月16日号

イルカやクジラを紹介

夜カワスイ

イルカやクジラを紹介 文化

実寸大をスクリーンに投影

10月16日号

住宅地、商業地とも下落

基準地価中原区

住宅地、商業地とも下落 経済

県・市変動率は上回る

10月16日号

「いのちの電話」の現状とは

コロナ禍でニーズ拡大

「いのちの電話」の現状とは 社会

川崎センター 有田事務局長に聞く

10月16日号

本を通してスポーツ応援

本を通してスポーツ応援 文化

中原図書館で特集

10月16日号

高齢者の就労を支援

高齢者の就労を支援 社会

川崎市シルバー人材センター

10月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月16日号

お問い合わせ

外部リンク