中原区版 掲載号:2014年7月25日号 エリアトップへ

花と緑と人、住んでいて良かった街に なかはら20年構想委員会

掲載号:2014年7月25日号

  • LINE
  • hatena
※写真=委員長・栗原護(右下)、副委員長・萩原ひとみ(左下)、同・内藤幸彦(右上)、同・杉山邦弘(左上)
※写真=委員長・栗原護(右下)、副委員長・萩原ひとみ(左下)、同・内藤幸彦(右上)、同・杉山邦弘(左上)

 日本一の人口増加率となった中原の小杉地区には超高層マンションが建ち並び、街の風景も年々大きな変貌を遂げています。私たちは”20年後のもっとすてきななかはら”を考え、2003年に都市計画マスタープラン中原区構想の区民提案を出した後、できることからやっていこうと発足した委員会です。花と緑でいっぱいの街にと、33の団体や企業と一緒に区の花パンジーの花回廊作りに取り組み、中丸子緑道も整備しました。「なかはら歴史と緑の散策マップ」「小杉今昔ウオーキングマップ」で中原の魅力を発信、防災まちづくりフォーラムでは人の絆が命を守ることを学びました。「種からパンジー」の取組みと共に、本年度は「段ボールコンポスト」で家庭やお店の生ごみを減らし、ベランダ野菜や緑道の肥料にする循環型の社会への提案を行いました。新しく住まわれた方々と従来の街の営みとが共に支え合う、住んでいて良かったと言える街になってほしいと思い、活動しています。(第3土曜10時〜中原区役所)

中原区版のローカルニュース最新6

「中小企業支援」誓う

「中小企業支援」誓う 経済

川崎商議所が80周年

10月16日号

イルカやクジラを紹介

夜カワスイ

イルカやクジラを紹介 文化

実寸大をスクリーンに投影

10月16日号

住宅地、商業地とも下落

基準地価中原区

住宅地、商業地とも下落 経済

県・市変動率は上回る

10月16日号

「いのちの電話」の現状とは

コロナ禍でニーズ拡大

「いのちの電話」の現状とは 社会

川崎センター 有田事務局長に聞く

10月16日号

本を通してスポーツ応援

本を通してスポーツ応援 文化

中原図書館で特集

10月16日号

高齢者の就労を支援

高齢者の就労を支援 社会

川崎市シルバー人材センター

10月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月16日号

お問い合わせ

外部リンク