中原区版 掲載号:2014年10月17日号 エリアトップへ

自治会活性化条例 超党派有志が骨子案 役割や責務を明確化

社会

掲載号:2014年10月17日号

  • LINE
  • hatena

 超党派の市議会議員の有志でつくる「町内会・自治会条例検討プロジェクトチーム」が町内会・自治会活動の活性化に関する条例の骨子案をまとめ、8日に公表した。12月の議会で制定をめざし、現在、市民の意見を受け付けるパブリックコメントを実施している。

 資料によると、市内の町内会・自治会加入率は65・5%(昨年4月1日時点)で、20年前の74・5%から大幅に低下している。

 プロジェクトチームの座長を務める林浩美議員は「条例がないと加入を勧めづらく、条例化を求める声は町内会の役員から多く挙がっていた」と話す。

 同チームが作成した骨子案は市の責務や町内会・自治会の役割、不動産事業者の入居者への情報提供の役割などをまとめている。

 ただ、任意団体である町内会を条例で規定することに対して共産党は反対の立場だ。

「任意団体に条例は不適切」

 共産党川崎市議団の市古映美団長は「町内会活動の重要性は認識しており、援助も大切だと考えている。しかし、町内会・自治会は任意団体であり、行政の下請けではないので条例で縛るのは適切ではない」と話している。

 県内では横浜市と横須賀市で同様の条例が議員提案によって制定されている。

 市議会では11月7日までパブリックコメントを実施している。意見の提出は市議会ホームページの専用フォームかファクシミリ、または郵送・持参で川崎市議会議会局議事調査部政策調査課(【FAX】044・200・3953/川崎区宮本町1番地川崎市役所第2庁舎5階)へ。
 

中原区版のトップニュース最新6

シェアサイクル本格運用

川崎市

シェアサイクル本格運用 社会

きょうから、利便性向上へ

7月1日号

公開空地 にぎわい演出

武蔵小杉駅前

公開空地 にぎわい演出 社会

子育て7団体が「SDGs」

7月1日号

夜間に初の排水訓練

上丸子山王町

夜間に初の排水訓練 社会

市、特殊マンホールで

6月24日号

初年度の申請率53.9%

町会応援補助金

初年度の申請率53.9% 社会

市、事例示し利用促進へ

6月24日号

「NO WAR」生徒ら訴え

川崎市平和館

「NO WAR」生徒ら訴え 社会

あす18日から企画展

6月17日号

新改札口、NEC隣に

横須賀線武蔵小杉駅

新改札口、NEC隣に 社会

JR北口からのルート短縮

6月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月1日0:00更新

  • 6月24日0:00更新

  • 6月17日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年7月1日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook