中原区版 掲載号:2014年10月24日号 エリアトップへ

中原区の木 「モモ」に決定 区民公募で6割超の支持

社会

掲載号:2014年10月24日号

  • LINE
  • hatena
二ヶ領用水沿いの花桃の木
二ヶ領用水沿いの花桃の木

 中原区のシンボルの木が「モモ」に決定した。8月から9月にかけて行われた区民公募で、5つの候補の中から、モモが最多の得票数となった。今後は、イラスト案を募集しながら、新たな区のシンボルとして活用していく考えだ。

 応募総数は2220件。5つの候補の得票数は順にモモ1437件、タチバナ208件、サルスベリ197件、ケヤキ169件、クスノキ82件で、モモが6割を超える支持を得た。この結果を受け、中原区区の木制定委員会では、区の木をモモに決定。歴史的な背景や現在も区内で花桃の木を見られることから、シンボルの木に相応しいと判断した。

 中原区のモモは、大正から昭和にかけてその最盛期を迎え「西の岡山、東の神奈川」と言われ、全国の二大産地にも挙げられるほどだったという。その後、桃畑は急速に減少していったが、現在も二ヶ領用水沿いで花桃の木を見ることができる。

 長年、二ヶ領用水沿いの桃の木の管理をする二ヶ領用水・中原桃の会では、今回の決定を喜ぶ。東正則会長は「昔、中原が桃の里だったという歴史を区民の皆さんに十分に承知して頂けて嬉しい。同時に、責任の重大さも感じている。二ヶ領用水沿いの桃の木は老朽化しているので、改めて今後の再生計画を考えていきたい」と話す。

イラスト原画を募集

 現在、中原区ではモモのイラスト原画を募集している。集まった原画は委員会で選考の上、デザイナーによってイラスト化。来年3月から市政だよりで掲載されるほか、今後、区のシンボルとして長く活用される。

 募集する原画は、大きさがA4版であれば、色鉛筆、油彩、水彩などは問わない。中原区民はもちろん、区外の人も応募可能。氏名、年齢、住所、電話番号、イラストの説明を原画に添えて、中原区まちづくり推進部企画課(〒211―8570中原区小杉町3の245/【電話】044・744・3149/【メール】65kikaku@city.kawasaki.jp)へ。12月5日(金)必着。

中原区版のトップニュース最新6

感染避け、ラーメンで支援

向河原のこども食堂

感染避け、ラーメンで支援 社会

人気店が協力 公開空地を活用

4月23日号

児童の体力向上支え10年

地域スポーツクラブKSD

児童の体力向上支え10年 スポーツ

記念誌発行で振り返る

4月23日号

対等な学び重ね 100回

こすぎの大学

対等な学び重ね 100回 社会

地域の仲間づくりを促進

4月16日号

開かずの踏切、改善へ一歩

平間駅

開かずの踏切、改善へ一歩 社会

JR 新たな制御装置導入

4月16日号

4人に1人が私立中学

中原区

4人に1人が私立中学 教育

進学率、5年連続上昇

4月9日号

女子用スラックス、6割

川崎市立中

女子用スラックス、6割 教育

市教委「近年増加傾向に」

4月9日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 世界一の犯罪最少国家の実現を!

    国政報告

    世界一の犯罪最少国家の実現を!

    党再犯防止推進特別委員会初代委員長党保護司議員連盟会長・大麻事犯撲滅PT座長前復興大臣・衆議院議員 田中和徳

    4月23日号

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter