中原区版 掲載号:2014年10月31日号 エリアトップへ

中原そば商60周年 記念ガイドブック発行 「各店の味めぐりを楽しんで」

社会

掲載号:2014年10月31日号

  • LINE
  • hatena
冊子を手にする組合メンバー
冊子を手にする組合メンバー

 中原そば商組合(佐藤敏彦組合長)は来年60周年を迎えることを記念して、このほどガイドブックを発行した。組合加盟店の紹介のほか、冊子を使ったスタンプラリーも企画、プレゼントなども用意している。

 中原そば商組合は1956年に創立され、現在は中原区・高津区・宮前区のそば店20店舗が加盟している。「お客様に美味しいおそばを提供する」ことをテーマに会員同士での研究会や設備改善、材料等の情報交換などを行っている。また、チャリティーイベントや老人福祉施設での慰問活動などにも尽力している。

 そば商組合が直面する課題は後継者不足。年々合員が減少し、10年前は42店舗だったが現在は半数以下に減った。そこで組合では「美味しいそばを提供しようと頑張っているお店を地域の方々に知ってほしかった」と60周年の節目に合わせてガイドブックの発行を決めた。

 ガイドブックは、2万部発行。組合店などで手に入れることができる。気軽に立ち寄れる店や酒にこだわっている店、手打ちの店、出前をやっている店、音楽が楽しめる店など様々なそば屋の情報が記載されている。

 また冊子を使ったスタンプラリーを企画した。1店舗につき1つスタンプを押してもらい、5・10・15店舗のスタンプを集めると、それぞれのプレゼントに応募できる。佐藤組合長は「多くの方に楽しんでほしい。この機会に是非そばの味めぐりを堪能して頂きたい」と話している。

 ガイドブックの設置店は以下の通り。中原区/ニュー更科・やぶみ・長生庵・竹屋・そば処ゑび寿家・そばあさひや・そば処満留賀・そば処丸はし・ブレーメン通り富士見庵・生そば入船・そば由肆やぶ久・和遊笑楽そば美好屋・さか本そば店・そば処寿美吉・入船平間店、高津区/大谷屋橘店・そば薫る山水・海老民・富士見庵梶ヶ谷店、宮前区/酒彩蕎麦楽芳寿

中原区版のトップニュース最新6

被災記録、動画で公開

川崎市市民ミュージアム

被災記録、動画で公開 文化

文化財の防災 考える機会に

1月22日号

防災対策望む声 6割

中原区民アンケート

防災対策望む声 6割 社会

「住み続けたい」意向は強く

1月22日号

平間小が 「特別賞」

SDGsアワード

平間小が 「特別賞」 社会

全国3校目、地域活動に評価

1月15日号

市立小へ導入足踏み

フッ化物洗口

市立小へ導入足踏み 社会

市教委、コロナ対応優先で

1月15日号

「新化(しんか)」のまちづくりを

「新化(しんか)」のまちづくりを 社会

永山区長、2021年を語る

1月8日号

児童自ら「安全マップ」

井田共和会第4町会

児童自ら「安全マップ」 社会

登戸の事件受け、区と連携

1月8日号

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク