中原区版 掲載号:2014年11月28日号 エリアトップへ

トップが身を切る改革を! 前衆議院議員(元横浜市長)中田 宏

掲載号:2014年11月28日号

  • LINE
  • hatena

 12年ぶりに川崎に戻ってきました!

 元々の出身区の宮前区、まだ初心者の高津区と中原区で頑張ります。

 何を頑張るのか? 不安、不透明、不安定など「不の解消」への取り組みです。

 横浜市長になった時、市の財政は夕張市のように破たん目前でした。先行き「不透明」な財政の「不」を取り除かなければ、市民は「不安」なままです。まず、膨大な隠れ借金を確定させ、向こう5年間の赤字総額を市民に公表しました。

 次に、市長の給与を下げ、公務員の手当てを止め、無駄な補助金を削っていきました。

 その順序が見えれば、市民の理解は進みます。ゴミの分別、敬老パス有料化、一定時間以上の区役所駐車場の有料化などに市民は協力してくれました。その結果、横浜市の借金は6兆2213億円から5兆2573億円に減りました。

 国に求められる順序も同じです。まず、国会議員を減らし、天下りを止め、公務員を減らす。何事もトップが率先しなければ、良い成果につながりません。

 前回の総選挙の前に、自民党、民主党、公明党の3党は国会議員の定数削減を合意しました。しかし、その後、定数削減法案(144議席減)を提出したのは我々だけでした。

 経済が上向けば、消費税増税はオーケーでしょうか。「トップが身を切る」ことをやってから消費税は上げるべきなのです。改革の成功には、その順序が問われます。
 

中田 宏

川崎市高津区溝口3-11-15 岩崎ビル4A

TEL:044-299-9400

http://nakada.net/

中原区版の意見広告・議会報告最新6

JR南武線連続立体交差事業【3】大規模投資再検討。市民を置き去りにする「検討」か!?

市政報告vol.69

JR南武線連続立体交差事業【3】大規模投資再検討。市民を置き去りにする「検討」か!?

川崎市議会議員 自民党川崎市議団副団長 末永 直

2月12日号

平間駅に「臨時改札」追加検討へ

市政レポートNo.130

平間駅に「臨時改札」追加検討へ

みらい川崎市議会議員団 おしもとよしじ

2月12日号

新型コロナウイルスワクチン接種に向け

市政レポートNo.101

新型コロナウイルスワクチン接種に向け

健康福祉委員会委員長 原 典之

2月5日号

続・JR南武線連続立体交差事業、都市計画決定の再検討について

市政報告vol.68

続・JR南武線連続立体交差事業、都市計画決定の再検討について

川崎市議会議員 自民党川崎市議団副団長 末永 直

1月8日号

罹災証明書の出張申請を可に。令和元年東日本台風を教訓に。

市政報告vol.67

罹災証明書の出張申請を可に。令和元年東日本台風を教訓に。

川崎市議会議員 自民党川崎市議団副団長 末永 直

1月1日号

「住み続けたい街へ」

市政報告

「住み続けたい街へ」

公明党川崎市議団 川島 まさひろ

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク