中原区版 掲載号:2014年11月28日号 エリアトップへ

-市議会・裏話- 民主党市議団市政レポートNo.52 進む議会改革と反比例する議員の姿勢 川崎市議会議員 おしもとよしじ

掲載号:2014年11月28日号

  • LINE
  • hatena

 政治の話題は、専ら700億円近い血税が投入される「総選挙」に関心が集まっていますが、最も身近な本市議会では、11月25日から第4回定例会が開催され、そのなかでも私が当選前から実現を訴えている『市長退職金・廃止』(1期4年3120万円)の議案も上程され、政治家の身を切る改革がまた一歩、進展しています。

 また、第3回定例会では、毎年設置される決算審査特別委員会(以下、決特委員会)に議会改革の一環として『分科会』での審査形式を採用。この分科会は、現行ある5つの常任委員会を基とした構成とし、日程も2日間設けて、これまで各議員30分の持ち時間を1日20分、合計40分に増加することで、より決算審査に見合う専門的な質疑を行える環境を整えました。さらに、この審議を踏まえ、決特委員会の最終日には、今回より『全体会』を設け、審査内容を来年度予算に反映させる観点から、予算執行の責任者である市長も初めて出席したなか、各会派代表から総括質疑が行われ、議会の機能強化が図られました。私もこの分科会に中原区選出の新人議員で唯一質問に臨みました。

 しかし、議会改革が進む一方、実情は大変お粗末な事態となっており、例えば、ある分科会では、分科会長を除いた12名(副分科会長も含む)に前述のような質問機会があるにもかかわらず、分科会初日・9名、2日目・7名の委員しか質問せず、両日を通じてなんと3名もの委員が質問を行わないなど、今回の議会改革の成果と反比例する議員の取組姿勢があらわになりました。(別表)

 「質疑しない=問題意識を持たない」と同義語であり、市民からの負託を受ける政治”家”としての資質が問われています。選挙に当選することだけを目的にしているなら政治”屋”です。政治屋は、選挙が近づくと、メディアの露出が増える性質を持っているようですので、駅前等で久しぶりに見かける地方議員に対して、議会でどんな質疑をしているか聞いてみてはいかがでしょうか。
 

市議・押本吉司

http://www.oshimoto.info/

中原区版の意見広告・議会報告最新6

『Stanford e-Kawasaki』―コロナにまけるな 子どもたち―

市政報告 Vol.13

『Stanford e-Kawasaki』―コロナにまけるな 子どもたち―

川崎市議会議員 松川正二郎

3月5日号

資源物の持ち去り禁止条例川崎市の対応方針(案)について

市政報告

資源物の持ち去り禁止条例川崎市の対応方針(案)について

川崎市議会議員 松原しげふみ

2月26日号

JR南武線連続立体交差事業【3】大規模投資再検討。市民を置き去りにする「検討」か!?

市政報告vol.69

JR南武線連続立体交差事業【3】大規模投資再検討。市民を置き去りにする「検討」か!?

川崎市議会議員 自民党川崎市議団副団長 末永 直

2月12日号

平間駅に「臨時改札」追加検討へ

市政レポートNo.130

平間駅に「臨時改札」追加検討へ

みらい川崎市議会議員団 おしもとよしじ

2月12日号

新型コロナウイルスワクチン接種に向け

市政レポートNo.101

新型コロナウイルスワクチン接種に向け

健康福祉委員会委員長 原 典之

2月5日号

続・JR南武線連続立体交差事業、都市計画決定の再検討について

市政報告vol.68

続・JR南武線連続立体交差事業、都市計画決定の再検討について

川崎市議会議員 自民党川崎市議団副団長 末永 直

1月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク